メニュー

お知らせ(東京成徳短期大学)

2019/06/12

(公開行事のお知らせ)身体表現・ダンス 公開型授業発表会「ALIVE2019」

幼児教育科では、保育士資格必修科目「幼児体育(身体表現)」の公開型授業発表会として毎年夏期公演と冬期公演でそれぞれ100名の学生が身体表現の学習で重ねた時間を作品として仕上げ、学内の楷の木ホールを使用して公開しています。
 令和元(2019)年度の発表会は、夏期を7月25日(木)午後、冬期を1月23日(木)に予定しています。

本公演は、出演学生の保護者・知人の皆様、本科の受験を検討中の高校生とその保護者の皆様、卒業生、在学生、保育・幼児教育関係の現場の先生方、そして、近隣地域の親子の皆様に公開をいたしますので、どうぞご参加ください。

「幼児体育(身体表現)」の講座では、実技演習を通して、子どもの表現に寄り添い、共に表すことのできる感性を持った保育者として羽ばたく日をイメージしながら、決して他の真似ではないもの、オリジナルの発想にこだわった子どもと楽しむ表現創作に取り組んでいます。「子どもと楽しむ身体表現」をキーワードに、養成期ならではの柔軟で何にも代えがたい柔らかな想像(創造)力、試行錯誤とアイディア満載の発表会です。保育現場でもすぐに活用できる、新たな発表会題材の提案も積極的におこなっています。楽しんでご参加いただけましたら幸いです。
                                                      (講座担当:池田三鈴)

※  ご参加の際は、事前の申し込みは不要です。
※  会場受付にて記名をお願いさせていただいておりますので、ご理解とご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

以下、参考までに昨年度公演の様子をご紹介いたします。

【●ALIVE2018冬の様子】
 昨年度の登記は、1月17日(木)、幼児教育科の行事の一環として「身体表現・ダンス公開型授業発表会 ALIVE2018冬」が無事に終了しました。冬期公演では、本科での2年間という濃度の高い学びが結集し、卒業を控える学生たちの想いが形となり、一人ひとりの表現が強く押し出されていたと感じられました。
本番当日は在学中の全1年生、出演学生の保護者の皆さま、本科に入学する高校生の皆さん、保育関係者、北区近隣の皆さまほか、様々なお客様と、熱量のある身体表現の時空間を共有しました。


【●ALIVE2018夏、以前の様子も「過去の記事」よりご覧いただくことができます】

●作品「わがままな王様」より


●作品「Flower sympathy」より


●作品「おもちゃとこども」より


●作品「ぼくたちのおもいで」より


幼児教育科2年Aクラス×Dクラス!!今期も大変よく頑張り、素晴らしい表現の時間でした。




 

ページトップへ