メニュー

2021/09/10

緊急事態宣言の延長を受けて

<十条台キャンパス>
東京成徳大学・東京成徳短期大学のみなさんへ

          「緊急事態宣言の延長」を受けて(お知らせ)
 
                                東京成徳大学学長 吉田富二雄
                                東京成徳短期大学長 木内 秀樹
 
 9月9日、政府により「緊急事態宣言の延長(9月30日まで)」が発出されました。
 本学では、20日から後期授業がスタートしますが、「学修機会の確保」と「安全の確保」のため、
感染対策を徹底しつつ、「遠隔授業(オンライン)を基本」として以下のように対処します。
みなさんのご理解とご協力をお願いいたします。

(1)授業については、遠隔(オンライン)授業を基本とします。
(2)教育効果の面から対面が必要な授業(実習や演習を含む科目)については、適宜対面授業を行います。
(3)学部(学科)・科によっては、週に1日程度の「対面授業日」を設けます。
(4)対面授業日は、学内の密を避けるため、学部(学科)・科によって分散させます。
(5)対面授業を望まない学生は、各教育組織の許可をえて「遠隔」にて授業に参加することができます。
(6)登校時には図書館も利用できます。
(7)部・クラブ・サークルの対面活動は原則禁止します。

*期限:「緊急事態宣言」が解除されるまで(宣言終了日の翌日から対面授業を実施)
*対面授業の「科目名、曜日、時限」については、各学部(学科)・科からメール等で通知いたします。

<八千代キャンパス>
八千代キャンパスでは、感染対策の徹底のもと、通常通りの対面授業とします。
 

ページトップへ