メニュー

2021/08/02

新型コロナウイルス感染防止のために

新型コロナウイルス感染の急拡大を受けて、7月30日に政府は「緊急事態宣言」の発出
(神奈川・千葉・埼玉の首都圏3県)並びに期間の延長(東京)を発出しました。
私たちは、いま一度気を引き締めて、感染防止対策を徹底させましょう。 

新型コロナウイルス感染症の感染防止のために 

1.感染対策を実践する 把握
(1)身体的距離の確保
(2)マスクの着用
(3)手指衛生(手洗い・アルコール消毒)・うがいの励行
43密(密集・密接・密閉)にならない環境を整える

2.体調の管理につとめる
1)規則正しい生活を実施し、体調管理につとめてください。
(2)毎日検温をして記録をつけてください。そして、37.5℃以上の発熱や、体調に不安がある場合は、登校及び課外活動への参加を控えてください。
(3)感染した場合(濃厚接触者となった場合も含む)は、すみやかに大学に連絡してください。

3.休憩及び食事等
(1)食事をとる場所であるカフェテリアやラウンジ(十条台キャンパス1、6号館)、ラーニングスコモンズ(2号館)、大学食堂(八千代キャンパス)の椅子は、密を避けるために減らして配置しています。それらの椅子を移動させないで食事をとるようにしてください。
2)館内放送や教職員の指導に耳を傾け、昼食時等のルール・マナーを守ってください。
(3)食事は一人で「黙食」をしてください。会話をしたいときは、食事後に必ずマスクを着けてから行ってください。
4)食事の前には、石鹸による手洗いや近くの消毒噴射器を利用して、手の消毒をしてください。
5)換気が不十分な場所やと密になる環境を避け人との間隔は、可能な限り2m(最低1m)空けて休憩や食事をしてください。
6)学外での複数人数での会食を避け、感染対策が十分に取れていない場所への出入りはしないでください。

ページトップへ