メニュー

2017/10/27

【十条台キャンパス(大学・大学院・短期大学)】交通機関の運行停止、気象警報等発表時の休講について

十条台キャンパス(大学・大学院・短期大学)における

交通機関の運行停止、気象警報等発表時の休講について
 

1.交通機関の運行停止が発表(JR東日本ホームページ)された場合の休講措置

午前7時現在

JR埼京線(十条駅を含む区間)JR京浜東北線(東十条駅を含む区間)のすべてが運行停止の場合

12時限目の授業を休講とする

上記交通機関のいずれかが運行を再開している場合

平常どおり授業を実施する

午前10時現在

上記交通機関のすべてが運行停止の場合

当日の授業をすべて休講とする

上記交通機関のいずれかが運行を再開した場合

3時限目から授業開始する



2.台風などの接近に伴い東京都北区を含む地域に「大雨警報」、「大雪警報」、「暴風警報」、「暴風雪警報」が発表(気象庁ホームページ)された場合の休講措置

午前7時現在

「大雨警報」、「大雪警報」、「暴風警報」、「暴風雪警報」のいずれかの警報が発表されている場合

12時限目の授業を休講とする

午前10時現在

「大雨警報」、「大雪警報」、「暴風警報」、「暴風雪警報」のいずれかの警報が発表されている場合

当日の授業をすべて休講とする

上記警報のすべてが解除された場合

3時限目から授業開始する


3.午前
7時現在、「大雨特別警報」、「大雪特別警報」、「暴風特別警報」、「暴風雪特別警報」のいずれかが発表された場合は、当日の授業をすべて休講とする。

4.休講の決定や授業の開始については、大学(大学院含む)・短期大学ホームページに掲載する。

5.授業が行われる場合においても、自宅地域において洪水警報及びその他の警報が解除されていない場合安全でないと判断される場合は無理をせずに待機すること。

この理由により授業に欠席や遅刻となった場合は、速やかに「欠席届」を授業担当教員に提出すること。

6.授業が休講になった場合、補講を実施する。

ページトップへ