メニュー

お知らせ

2021/03/12

第2回就職ガイダンス「2年生の就職活動体験談・春休みの過ごし方」(ライブ配信)のご報告

2月22日(月)、今年度の1年生を対象とした第2回就職ガイダンスをライブ配信で開催しました。 
本学での就職活動は、教員とキャリア支援課の支援のもと、学生一人ひとりが自らのキャリアを検討し主体的に活動することと同窓生間の支え合い・伝え合いを大切にしています。
緊急事態宣言下で対面での大型ガイダンスの実施が難しい中、今年はライブ配信という形で、1年生が2年生からのメッセージをリアルにキャッチできるように企画・実施しました。 
 
今回の内容は、「2年生の就職活動体験談と春休みの過ごし方」です。 
自分の手で夢を掴んだ6名の2年生と教員が準備を整え、就職活動の具体的な体験談をライブ配信で届けました。
参加者の多いガイダンスでしたが、1年生はたいへん熱心に聴講し先輩の話をしっかり胸に留め、2年生にとっては次の世代にしっかりとバトンを受け渡す時間となりました。 
 
〜1年生の感想をいくつか紹介します。〜
 
●先輩方の就職活動体験談を聞き、就職活動のみに限らず、全てのことにおいて計画性を持って行動することが重要であると改めて感じました。特に、就職活動では周囲の仲間が徐々に内定をもらっていくことへの焦り、自分は就職が出来るのかという不安等を感じるそうです。そのため、計画的に準備を進め、時間にも心にも余裕を持って就職活動に臨みたいと思います。(Oさん)  
 
●早め早めに自分自身と向き合うということがとても大切だというお話が印象に残りました。何事も早めに行動することでより良い就職先が見つかったり、余裕を持って1日1日を過ごすことが出来ると学んだので自分も早くから行動し、納得のいく就職が出来るようにしたいです。また、公立を目指すのであれば自分に合った問題集を買ってたくさん解くということも参考にしたいです。 (Aさん) 
 
春休みの過ごし方については、1年生一人ひとりが各自の夢に向かってこの春休みを活用できるよう、進路担当の教員から希望進路ごとの具体的な活動内容の例示等がなされました。ガイダンス後すぐに学生からも「保育体験の依頼をした」「問題集を買った」「ピアノの練習を頑張る」といった報告がありました。授業のないこの期間も教職員による就職支援は休みなく行われています。

キャリア支援課には、卒業生が後輩のために書き残した報告書を含め、充実した資料が備えられています。公務員試験の受験対策講座も開催中です。 
 
コロナ禍においても、私立幼稚園、保育所、公立保育所、施設ほか、それぞれの希望進路が実現に向かいますように。 
一人ひとりの夢の実現に向けて-。 

  








関連リンク

  • シラバス
  • 東京成徳大学公式フェイスブック
  • 研究紀要

ページトップへ