メニュー

在学生・卒業生メッセージ

学生インタビュー

さまざまな感情を経験することが⼦どもの成⻑に⼤切だと学んだ

加藤 瑠音さん 
幼児教育科 2 年(2020 年度)
 埼玉県 川口市立高等学校出身 

興味深かった授業は、「子どもの理解と援助」です。映像の授業では子どもが葛藤するシーンや諦めずに挑戦する姿、心情の変化などを見て、刺激を受けました。またさまざまな感情を経験することが、成長の過程で大切だと学びました。将来は子どもたちだけでなく、保護者や先生方からも信頼してもらえる保育者になりたいです。
課題研究では保護者支援をテーマに学びを深めました。事例から子どもの心情を考えたり、どのような関わり方がよいのか考えを巡らせています。






実体験をふまえた授業で学ぶことの楽しさを知った

清水 彩加さん 
幼児教育科 2 年(2020 年度)  
東京都私立中央学院大学中央高等学校出身

卒園した幼稚園の園長先生から勧められたこと、母が同じ系列の学校に通っていたこと、短大で心理に関する准学校心理士の資格が取得できることに惹かれ、東京成徳短期大学を選びました。
「発達心理学」の授業では、子どもの発達や愛着についてなど、保育の基礎となる専門的知識を学びました。毎回、先生の実体験を交えて分かりやすく説明してくれるので、自分の知識が増えていくことに喜びを感じるようになりました。この授業で初めて「学ぶことの楽しさ」に気づき、学びへの意欲がさらに高まりました。子どもの個性や発達を尊重し、だれの心にもそっと寄り添える保育者をめざして、保護者と子育ての支援について学んでいきたいと思います。

トラブルに直⾯しても授業を思い出して対応できた

年長クラスの担任で、就学に向けて個々に伸ばしたいところを見つけ、それぞれに合った関りを心がけ保育しています。自由保育の幼稚園なので、毎日たくさん子どもと遊び、一人ひとりの気持ちを尊重しながら関わっています。大学では、子どものトラブル対応や保護者対応など、ビデオを見ながらどのように対応するか学んだことが、今に活かせています。現場で“あの時、授業でやったものだ”と思い出し、焦らずに子どもや保護者の前に立つことができました。また考える力を身につけられたので、今でもト菊池 美砂さん ラブルに直面すると、授業と同じように考えることができています。今はクラスの子どもたちが、大きくなってから幼児期は楽しかったと思ってもらえるように、楽しい思い出をつくる保育が目標です。

菊池 美砂さん(2014年度卒業) 埼玉県私立幼稚園教諭
埼玉県立大宮南高等学校出身   

⼦どもだけでなくともに働く職員にも⽬を向ける役割を担っています

幼児体育の講師をしていた父の影響で、幼いころから保育の現場を目にすることがありました。学生時代にはスキー教室の補助を経験、保育はいつも身近に感じていました。大学ではピアノを基礎から教わり、たくさんあるピアノ室で毎日練習できてよかったです。音楽サークルを通じて、他のクラスの仲間や先生方との距離が近くなり、濃厚な 2 年間を過ごしました。卒業後は幼稚園、幼児教室を経て、今は保育園で働いて 6 年目。中堅として、子どもだけではなく一緒に働く職員にも目を向ける役目に就いています。大きな団体のなかで、2 歳から 5 歳の子どもの活動をまとめるのは難しいですが、職員同士が協力し、上手くいくように挑戦することが楽しいです。

渡邊 由紀子さん(2002年度卒業 東京都私立保育園 保育士

東京都立大泉学園高等学校出身

関連リンク

ページトップへ