メニュー

お知らせ

企画・IR室からのお知らせ

2016/05/26

『東京成徳大学 アクティブラーニング実施状況調査報告書』(企画・IR室、2016年5月25日)をアップしました。

一方向的な知識伝達型の講義だけではなく、学修者の能動的な学修への参加を通して新たな問題の発見と、それを解決するための高度な思考力を育成する教育方法として、アクティブラーニングが注目されています。
企画・IR室では、2016年1月に、本学で開講されている全授業科目について、アクティブラーニングの要素技術がどの程度まで導入・実施されているかについて実態調査を行いました。
その調査結果を、『東京成徳大学 アクティブラーニング実施状況調査報告書』(企画・IR室、2016年5月25日)としてまとめました。今後の教育の質向上に資するものであれば幸いです。


(2016.5.26) 

ページトップへ