メニュー

大学の教育研究上の目的

本学は、「有徳有為な人間の育成」という建学の精神に基づき、社会の要請に応えて学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、創造性と実践性に富んだ人材を育成し、もって社会に貢献することを目的とする。

                                                         (東京成徳大学学則 第1条)

人文学部 日本伝統文化学科

日本の伝統文化を発展的に継承し、発信する力を培うために伝統文化について教育と研究を行い、日本文化に対する造詣と感性を有する人材の育成を図る。

人文学部 国際言語文化学科

異文化間コミュニケーション力を培うために、言語・文化について教育と研究を行い、国際感覚を有する人材の育成を図る。

国際学部 国際学科

グローバル時代にふさわしい多様な価値観を理解し、グローバルな視点に立ち世界の国や地域の人々と協働できる幅広い知識とコミュニケ-ションスキルを活用してライフスタイルや仕事などの新しい価値を創造することができる課題発見・解決力をもった、未来を切り開くグローバル人材を養成する。

応用心理学部 福祉心理学科

現代社会における福祉ニーズに応えるために、心理学の観点から教育と研究を行い、高度な支援機能と福祉マインドを身に付けた人材の育成を図る。

応用心理学部 臨床心理学科

心の問題に悩む人を支援するために、心理学の観点から教育と研究を行い、基礎的な支援技能とカウンセリングマインドを身に付けた人材の育成を図る。

応用心理学部 健康・スポーツ心理学科

心身の健康維持と増進を求める人々のニーズに応えるために、健康・スポーツ心理学の観点から教育と研究を行い、自らの心身の健康維持と増進を計りつつ、社会に通用する高度な技能を有する人材の育成を図る。

子ども学部 子ども学科

子どもを取巻く社会的環境の変化に対応して、子どもに対する理解と支援力を培うための教育と研究を行い、幅広い分野の専門的な人材の育成を図る。

経営学部 経営学科

企業等の組織の経済的、技術的、人間的諸側面に係る諸問題について、総合的、学際的に研究するとともに、将来の展開についての戦略を探り、これらの成果を教育することを目的とする。

ページトップへ