メニュー

学長短信

2017/01/23

お役立ちサイトの紹介です №243

大学サラリーマン日記
http://daisala.blogspot.jp/

我が国の大学の在り方が大きく問われています。このブログでは、大学関係のトピックをご紹介しながら、大学のあるべき姿を考えていきたいと思います。

2017年1月18日水曜日
記事紹介|大学の人材マネジメント
長期雇用の利点を活かしつつその問題を克服する

雇用の流動性について、大学教員はより良い研究環境を求めて大学間を移動するため、勤務する大学への帰属意識が低いといわれる。その一方で、帰属意識の問題は別にして、専門分野間、大学間、職階間で流動性に開きがあり、教授昇任以降は総じて定着率が高く、大学教員といえども年功序列的要素を含む長期雇用の傾向があることを認識しておく必要がある。また、職員については、近年、企業経験者等の中途採用も増えているが、定年までの長期雇用が概ね定着している。(以下、省略)

(2017.1.21)

ページトップへ