メニュー

学長短信

2016/10/04

疑似達成主義 №211

最近の学生の授業への出席率は極めて高い。
本学の学生も例外ではない。

遠藤竜馬氏は、このような学生に
「疑似達成主義」とも呼ぶべき思いが浸食しているという。

「疑似達成主義」とは、
―――学習内容の理解の達成ではなく、
「ただ授業に出席した」ことを達成と勘違いしてしまう。

(2016.10.4)

ページトップへ