メニュー

講義内容(こんな学びが待っています)

修士課程

公認心理師・臨床心理士・学校心理士等の「心理支援の専門家」の養成を目指して、教育分野、保健医療分野、福祉、産業・労働、司法・犯罪に関する分野等幅広く学び、社会の様々な場面に対応できる教育課程を用意しています。また、実習では現場に出て実際の経験を積むことにより、活きるカウンセリングや心理アセスメント、チーム支援を学び、心理支援の専門家としての実践力を高めます。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

建学の精神、ならびにそれに基づく「成徳の精神をもったグローバル人材の育成」のために、本大学院の修士課程は、臨床心理学ならびにこれに関連する他の分野の専門的知識を修得し研究する能力を高めるほかに、心理支援に関する実践的技能、さらにそこでの社会性・倫理観・法規の知識を身につけることにも力を注ぐ。
教育課程は、必修科目と選択科目から構成し、学生が公認心理師の受験資格と臨床心理士の受験資格を満たすことができるようになっている。必修科目については(公財)日本臨床心理士資格認定協会が必修と指定している科目(臨床心理学特論、臨床心理面接特論、臨床心理査定演習、臨床心理基礎実習、臨床心理実習)のほかに、修士論文の作成に必要な心理学研究法演習および臨床心理学演習Ⅰ・Ⅱとする。また公認心理師となるために必要な科目である保健医療分野に関する理論と支援の展開等の科目や、臨床心理学に関連する他の分野の心理学等を選択科目とする。また授業科目は、講義の授業を中心とし知識の育成を図る「特論」、実際の問題を討議し応用能力を開発する「演習」を開設する。さらに心理支援を実践的に学ぶ授業として「実習」を設ける。 

博士後期課程

発達臨床心理学分野と学校臨床心理学分野の二つの研究分野から希望する研究分野を選択し、研究に必要な授業科目を履修するとともに、指導教員・副指導教員の指導のもとに特定の研究テーマについて研究を進めていきます。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

建学の精神、ならびにそれに基づく「成徳の精神をもったグローバル人材育成」のために、博士後期課程の教育課程は、研究および教育の能力ならびに応用力を身につけるための「研究」と「演習」から構成する。また高度の実践的能力を育成する「実習」も設ける。いずれの科目も必修科目はなく、学生が自分の希望に合わせて選択できるようにする。 
 

関連リンク

  • シラバス
  • 心理・教育相談センター
  • 資料請求ページ
  • 検定料支払い
  • 東京成徳大学公式フェイスブック

ページトップへ