メニュー

公認心理師情報

公認心理師について

公認心理師とは何ですか?

日本で初めての心理職の国家資格です。2015年9月に「公認心理師法」が公布され、2017年9月に施行されました。
公認心理師は、「心理学に関する専門的知識及び技術をもって、心理に関する支援を要する者やその関係者の相談に応じて
援助を行ったり、心の健康に関する教育を行ったりする専門家」です。

公認心理師はどんなところで活躍できますか?

「保健医療」、「福祉」、「教育」、「司法・犯罪」「産業・労働」などの幅広い分野で、「心理支援の専門家」として活躍することが
期待されます。

 

公認心理師はどのような仕事を行いますか?

公認心理師法第2条により、以下に掲げる行為を業務とすることが定められています。
(1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察し、その結果を分析すること。
(2)心理に関する支援を要する者に対し、その心理に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うこと。
(3)心理に関する支援を要する者の関係者に対し、その相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うこと。
(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供を行うこと。

上記を踏まえ、具体的に各領域での仕事内容を簡単にまとめてみました。

 

公認心理師になるにはどうすればいいですか?

公認心理師の国家資格を受験して合格する必要があり、次の2通りの方法があります。

 

東京成徳大学・大学院で公認心理師の受験資格は得られますか?

受検資格をえるためには、公認心理師のカリキュラムに対応した心理系学部に入学する必要があります。
本学及び本大学院では 2018年度入学者より公認心理師養成のためのカリキュラムに対応し、上記どちらの方法でも資格取得が目指せるように、教職員でサポートします。
特に、本学は大学院が併設されているため、大学院に進学(内部推薦制度あり)し、資格取得を目指すことができます。

関連リンク

  • 大学院要覧(シラバス付)
  • 心理・教育相談センター
  • 資料請求ページ
  • 検定料支払い
  • 東京成徳大学公式フェイスブック

ページトップへ