メニュー

お知らせ

2022/06/01

体育の科学5月号『メンタルトレーニング・イノベーション』に論文を寄稿しました

体育の科学(杏林書院)5月号のテーマは,『メンタルトレーニング・イノベーション』です.
メンタル・トレーニングに関する7つのホットトピックスが取り上げられています.

本学教員の夏原准教授,佐々木助教が,それぞれ「知覚認知スキルトレーニングへのモバイルテクノロジーの活用」「プレッシャー下での運動パフォーマンスを「最適化」するための心理的スキル-Multi-Action Plan(MAP)モデルに着目して-」というタイトルで論文を書いています.

メンタルトレーニングに興味のある方は,ぜひご一読ください.

【目次】
◆メンタルトレーニング,不易流行
荒井 弘和(法政大学)

◆プレッシャー下での運動パフォーマンスを「最適化」するための心理的スキル
 -Multi-Action Plan(MAP)モデルに着目して-
佐々木 丈予(東京成徳大学)

◆心理的準備のためのマインドフルネスの活用
雨宮 怜(筑波大学)

◆知覚認知スキルトレーニングへのモバイルテクノロジーの活用
夏原 隆之(東京成徳大学)

◆動機づけ役割を果たすフィードバックの重要性
蓑内 豊(北星学園大学)

◆バイオフィードバックを活用したメンタルトレーニング
國部 雅大(筑波大学)

◆リーダーシップへの最新アプローチ
荒木 香織(順天堂大学)

◆メンタルトレーニング研究の融合と変革の方向
荒木 雅信(大阪体育大学,日本福祉大学大学院)
近藤 みどり(国立スポーツ科学センター)
山田 弥生子(大阪体育大学大学院,日本体育大学)




(健康・スポーツ心理学科)

ページトップへ