メニュー

お知らせ

2015/12/18

TGAプロジェクト「大学-白子間110kmサイクリング!」報告~その4~

2日目:ゴールに向かって

大学では、高校までのような修学旅行や遠足はありません。何らかの宿泊研修はあるかもしれませんが、
それらに当たる行事は実施していないのが一般的です。したがって、ゼミ生たちは、久しぶりに昔経験した
ことのあるワクワク・ドキドキ感を覚えたのではないでしょうか。

 1日目の夜のトランプ大会は何時まで続いたのだろう…

Good Morning!! ~2日目(11/26)の朝~

当初の予定では、朝食後に「グラウンドゴルフ大会」を実施する予定でした。ところが、前日から降り続いている
雨の影響で中止となりました。ルール担当も決めていたのに…優勝者にはテリー隊長からの賞品があったのに…
 
            雨が上がるまで待機中のゼミ生たち

                 
 
 午前11時過ぎ、ようやく雨が上がりました。さぁ、ゴールに向かって出発だ!
 

 

雨の中、往路(約55km)は8時間かかりましたが、復路では何時間かかるのでしょうか?
本部車両で先行するテリー隊長は、車でさえ長く感じる単調な坂道を、ゼミ生たちが一生懸命
ペダルをこいでいる姿を想像しただけで、目頭が熱くなってしまいました。…ホントです!

ゼミ生たちは、みんなで励ましあいながら、時には笑いあいながら、1つのチームになったようです。

午後5時50分、ゴール(東京成徳大学)に無事生還! 9名のゼミ生たちがチーム一丸となって壁を乗り越えた
感動の瞬間でした! およそ7時間の道のりでした。 お疲れ様!(つづく)

(健康・スポーツ心理学科:出雲輝彦) 

ページトップへ