メニュー

東京成徳大学|学部学科 - 福祉心理学科 - お知らせ

2017/12/02

刑務所に行きました!(え!?)

千葉駅からバスで10分程の住宅地で降りると、
…どこに刑務所なんてあるんだろう?
…と思いつつ周りを見渡すと…
ありました! 素敵な赤レンガの大きな門が!! 

知らなかったら歴史ある博物館か美術館にしか見えないのでは?って雰囲気の素敵な建物が千葉刑務所でした。 

それもそのはず、明治40年にできた歴史的な建物だそうです。 

そんな千葉刑務所に、マイゼミ☆マイサークル「ちいきを知り、ちいきで学ぶゼミ」、「福祉の歴史を学ぶゼミ」と「福祉心理学演習」の合同企画「千葉刑務所参観」で行ってきました♪

参観にあたって、事前学習として、10月30日(月)に元千葉刑務所ソーシャルワーカーの犬伏謙介氏(犬伏社会福祉士事務所所長)から「矯正施設と福祉支援」と題した講義を受けました。そこで、千葉刑務所が長期刑の受刑者を収容していることや、高齢者や障がい者の犯罪について学びました。

 

そして、実際の参観は11月22日(水)。

素敵な赤レンガの門を入ると…
入るために鍵を開けてもらい、入ると後ろで鍵を閉められ…
窓には格子がかけられ…
人はいるのに「おしゃべり」は聞こえず…
すぐ近くを通っても受刑者のみなさんとは目を合わせることもなく…

そこは、経験したことのない「異世界」でした。

敷地内の参観の後は、教育担当の職員の方から千葉刑務所についての説明と質疑応答の時間。

出所後の生活支援に「社会福祉士が活躍している」とこの方の口から聞いて、ちょっぴり誇らしい気持ちになったり…。

「番号」の名札を返して外に出ると… いつもの日常でした。
 

最後になりましたが、貴重な学びの機会を与えてくださった千葉刑務所に感謝申し上げます。また、「参観」についてご教示くださった犬伏氏に、心から感謝致します。

追記:この企画は3年生の複数の学生の希望から始まったものです。今後も、マイゼミ☆マイサークル企画で学びたいことを学びあいましょうね♪

                                         (福祉心理学科 朝比奈) 
 

ページトップへ