メニュー

東京成徳大学|学部学科 - 福祉心理学科 - お知らせ

2017/07/04

福祉心理学科公開シンポジウム2017
障がい者の就労について考える -働く意義と価値、QOLとQWL- 

2017学科シンポジウムチラシ(完成).pdf

福祉心理学科公開シンポジウム2017を下記の通りに行います。
参加費無料、事前申込不要ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2017年7月22日(土)  午後1時~午後3時
会場:東京成徳大学 八千代キャンパス 205教室(教室棟2階)
テーマ: 障がい者の就労について考える - 働く意義と価値、QOLとQWL-
シンポジスト: 峰島 茂光(社会福祉法人八千代市身体障害者福祉会 障害福祉サービス事業所 はばたき職業センター)
                      中尾 文香(NPO法人ディーセントワーク・ラボ/株式会社テミル)
コーディネーター:宮村 りさ子(東京成徳大学 応用心理学部 福祉心理学科) 

就労については、障がい者だけでなく、大学生や社会人にとって生活する上で重要なことです。
障がい者の就労を考えるとともに、ご自身の働き方についても考えてみませんか。 


参加申込・問合せ
東京成徳大学 応用心理学部福祉心理学科
公開シンポジウム担当:宮村りさ子
e-mail: r-miyamura@tsu.ac.jp

 
 
 

ページトップへ