メニュー

東京成徳大学|学部学科 - 福祉心理学科 - お知らせ

2016/02/01

〔授業紹介〕地域福祉計画を作成しました! ~相談援助演習Ⅳ~

 相談援助演習Ⅳは社会福祉士を目指す3年生の演習科目で、社会福祉士に求められる具体的な相談援助場面(特に地域福祉の場面)を想定して学ぶ実践的な科目です。
 今年は、後期期間のすべてを使って、グループに分かれてA市の地域福祉計画案を作成することとしました。とは言え、全体的な計画案は時間も情報を限られているため、A市の地域性や社会資源を丁寧に調査したうえで、各グループで一つのテーマに絞って、そのテーマについての地域福祉計画案を作成しました。
 以下は、履修者の感想(一部抜粋)です。
〇グループでの取り組みの後半では、話し合いもスムーズに進み、楽しんで取り組むことができ、良い経験をすることができたと思う。
〇地域福祉計画の内容などを学んでも実際に考え、作成してみるとなると中々上手くいかなかった。特に住民主体の計画を作成するということが難しかった。
〇3グループで同じA市の地域福祉計画を作成したが、それぞれの着眼点は異なり、それだけ地域福祉は広いテーマで様々な問題があるのだと改めて感じた。
 
 回が進むごとに真剣に話し合っている姿が見られ、非常に有意義かつ楽しい授業になりました。履修者の皆さん、楽しかったね!       (授業担当 朝比奈朋子)  
 

ページトップへ