メニュー

東京成徳大学|学部学科 - 福祉心理学科 - お知らせ

2015/02/06

精神保健福祉援助実習報告(その4)支援者の視点と考え続けること

実習を始めた最初の頃には、利用者の方々との関係性を持つという事が大事だという事を学びました。しかし実習を重ねていくと、職員の方々の仕事に向かう姿から、ただ利用者の方々と関係性を持つだけでなく、支援者の視点で利用者の方と関わっていくことの重要性を学ばせていただきました。実習で学べる事は沢山ありますが 何より職員の方々の凄さというものを思い知りました。
そしてこの経験を通して、実習は答えを出すのではなく、何を学んでいるのか考えつづける事が大事なのだと思いました。


 

ページトップへ