メニュー

お知らせ

2017/05/24

F.R.さんの韓国イファ(梨花)女子大交換留学報告

 韓国に1年間留学している3年生のF.R.さんからの留学報告です。F.R.さんは前学期はキョンヒ(慶煕)大学で交換留学、今学期からはイファ(梨花)女子大学で交換留学をしています。(水谷清佳)

          

 前の学期は慶熙大学で交換留学をしましたが、今学期から梨花女子大学に交換留学をしています。ルームメイトは在米韓国人の子で英語が堪能なので、これから英語の勉強にも一生懸命取り組んでいきたいと思いました。慶熙大学で外国人と交流するサークルに入っていたおかげで、外国人や英語に対する抵抗感がなく、自然に打ち解けることができました。
 梨花女子大学の韓国語の授業は6つにレベル分けされているいますが、私はその中でレベル5の授業にいます。最初のころは、初めて聞く単語や、韓国語が堪能な留学生に圧倒されていたのですが、せっかく日本から韓国まで来たのだから積極的な姿勢を見せよう!と授業でも積極的に発言をしています。チームプロジェクトとして発表があり、同じクラスの学生と協力して韓国の女子大生の結婚に対する考え方を調べるアンケートを作成し、それを基に発表をしました。たくさんの人の前で、韓国語を話す機会は今まであまりなかったので、当日はとても緊張しましたが、一生懸命準備した甲斐あって、無事成功させることができました。作文の宿題が出たり、テストがあったりと毎回大変ですが、自分の韓国語の間違いなどに気づけるのでやりがいを感じています。
 中国語の授業も、基礎からもう一度勉強し始めて、中国語を学ぶ楽しさを実感しています。韓国の女性の歴史では、韓国ドラマを見ながら、女性の歴史を読み取るという時間があり、毎回非常に楽しく学んでいます。
      

 授業以外の面では、慶熙大学に留学していた際の友達とは頻繁に会っており、サークルのパーティーなどにも特別に呼ばれて参加しました。久しぶりに会う友達に、日本にいる間に韓国語が下手になったとからかわれたので、気を引き締めて、しっかり勉強したいと思いました。誕生日もみんなでお祝いしてくれて、初めて家族以外と過ごす誕生日でしたが楽しむことができました。その友達が日本語を勉強している友達を紹介してくれて、さらに交流の幅を広げることができたと思います。
 寮の近所には飲食店が多いので、ルームメイトとその友達と夜ご飯に行くのが日課となっています。バディとも毎週お昼ごはんを食べたり、バディグループでバディの家に招待してもらい夕飯を一緒に食べたりしています。外国人の友達も多くできたので、韓国語はもちろんですが英語や中国語の勉強も怠らないようにしたいと思います。(F.R.)

ページトップへ