メニュー

留学通信

2020/03/30

33. 韓国・慶煕大学留学(S.Y.さんより) 

慶煕大学に留学中のS.Y.さんからの報告です。

秋学期と変わらず無遅刻無欠席で、秋学期よりも発言の回数が増えているように感じます。また、韓国語で会話をする時間を意識的にとり、奨学金をもらえるように毎日授業の復習をしています。そのためか、冬学期の中間テストで全教科80点以上、そのうちの一教科では100点を取れました。期末テストでも全教科80点以上とれるように、少しずつ準備を進めていきたいです。2/11の個人発表に向けてもしっかり準備をして、最高の状態で当日を迎えたいです。


<仁寺洞でトウミのお姉さんに撮っていただいた写真>

仁寺洞の韓屋村で、韓国人のお姉さんと夜ご飯にトッポッキを食べました。トッポッキは私が考えていたよりも辛く、少しだけ食べるのが大変でした。一緒に頼んだキンパもとてもおいしくて、箸が止まりませんでした。韓屋伝統の温かい雰囲気と、好きな人達と食事をしたからであるのか、とてもおいしく食べることができ、大きな満足感を感じました。その後、韓屋カフェにデザートを食べに行きました。私は抹茶アイスと、バターサンドイッチを頼みました。抹茶アイスは抹茶の味が濃く、とてもおいしかったです。バターサンドイッチは、小さな食パンの間にあんことバターを挟んだものでした。あんこの甘さとバターの塩加減がちょうどいいので一度食べてみてほしいです。そして、楽しく食事をした後に雰囲気のいい韓屋の通りをお姉さんと歩きながら帰りました。とても楽しく、雨の日の韓屋は夜の街頭に照らされてドラマのワンシーンのようにきれいでした。

仁寺洞で韓国の伝統家屋を見てから韓国の文化イベントに興味が湧きました。そのため韓国のミュージカルや展示会に行ってみようと考え、韓国人のお姉さんにミュージカルのチケットをいただいて、ミュージカルを見に行きました。わからない部分もあったけれど、8割は理解できて周りの韓国人が笑っているタイミングで笑うことができてとてもうれしかったです。俳優の演技と声量が大きく、迫力が満点でした。笑いあり、涙ありのとても素晴らしいミュージカルでした。機会があればもう一度韓国でミュージカルを見たいと思います。また、展示会や博物館、美術館などにも足を運び、実りある留学生活を送ると同時に、韓国の現代文化についてもっと知っていきたいと考えています。(S.Y.)

ページトップへ