メニュー

留学通信

2020/03/05

27. 韓国・嘉泉大学留学(N.M.さんより)

  • 韓国・嘉泉大留学中のN.M.さんより授業などの様子が届きました。以前より満足のいく結果が残せたようで、今後にも期待が持てそうです。

冬学期が始まり、約一か月が経ちました。韓国語のクラスの級が五級に進級したということもあり、始めは授業やクラスメイトのレベルも、四級のときとは比べものにならないくらい高く感じました。そう感じるあまり、あり得ないくらい疲れ果てて、周りにも「考えすぎだよ」「気にしすぎだよ」と言われてしまうほどでした。今改めて考えると、実際のクラスのレベルがどうかというより、自分自身が自分自身にかけたプレッシャーのほうが大きくなってしまっていたのかもしれません。

一週間、二週間と過ごして行くうちに、私の授業に対する思いは大きく変わり、毎日の授業が楽しみになっていました。
実は、PPTを使ったスピーキングテストがPPT作成の準備の段階からどうしても苦手で、発表本番も緊張から前を向いて話せず後悔ばかりが残っていました。しかし、今学期の中間試験でのスピーキングテストで私はかなり満足する結果を残せました。私はその原因をクラスメイトとの関係にあると考えています。前学期に比べ、クラスメイトの国籍が多様であるため、韓国語でコミュニケーションをとる機会が増えたのが良かったと思います。また、同学年の学生が多いため、すぐに親しくなれてクラスの雰囲気がアットホームになり、試験でもベストを尽くすことが出来たのだと思います。



次回の期末試験でも、準備を怠らずベストを尽くし、ここまでの毎日と変わらず予習復習もしっかり続けていこうと思います。(N.M.)

ページトップへ