メニュー

国際学のすすめ

2020/03/30

7. 北半球と南半球(江澤 恭子)

地球は赤道で北半球と南半球に分かれていて、それぞれ季節は逆で、太陽の軌道も空に見える星も異なり、南半球では北風が暖かくて、クリスマスは真夏…というようなことはよく知られています。

いろいろな現象が北と南では違うということを理屈では理解していても、私には中でも「渦も反対回り」ということが不思議で、実際にニュージーランドに行った時にトイレの水を流し、お風呂の栓を抜いて観察しました。

日本では渦は反時計回りです。そしてニュージーランドでは…。何と日本と同じ反時計回りでした!調べると、必ず時計回りになるのはもっとずっと規模の大きい場合で、例えば台風とか渦潮とか、せいぜいプールまでなのだそうです。トイレやバスタブやシンクなどは構造によりどちらもありうるとのこと。その後、時計回りの渦も何度も見ましたが、もう大して感動はありませんでした。

鳴門の渦潮

(江澤 恭子 教授)
 

ページトップへ