メニュー

お知らせ

2021/11/15

授業紹介:健康・医療心理学 オンデマンド(前期:金曜6 (担当:塚田知香 

この授業は,公認心理師の受験資格取得のための指定科目で,主にストレスと健康に関する基礎知識や,ストレスに対するセルフケアのスキルを身につけることを目標に学びます。
 
 

今年度はオンデマンド科目として開講,①講義動画の視聴と確認テストへの回答事例についての小レポート課題提出という構成で進めています。 

 
 オンデマンド科目を
自学自習形式で進めるあたって集中力の継続や環境の確保等対面授業にはない難しさもありますが,オンデマンドならではの良さももちろんあります。以下にオンデマンドの良さを活かした授業内容の一例をご紹介します。
 

 
 この授業は,ストレスに対するセルフケアの1つとして,代表的なリラクセーション技法について学び,その手順を習得するという回があります。このリラクセーション技法習得のためには,講義を受けるだけでなく,自分自身で実際にリラクセーション技法を体験することが効果的です。

 そのため,授業の中でもリラクセーション技法を実践してもらうのですが,対面授業で他の学生と一緒だと,周囲の目
や雑音等により上手くリラックスできない学生も少なくありません。これをオンデマンド配信することにより,学生は自室等の落ち着ける場所で受講することができ,好みのBGMを流しながらリラクセーション技法を実践することできるのです。
 
 こ
により,教室で行うよりも深いリラックス効果を実感できす。また,配信期間中いつでも視聴できるので,体調に合わせて視聴する日を決めたり,繰り返し視聴したりすることも可能です。以下に学生さんたちの感想の一部を紹介します。
 

 

呼吸法は、みんながいる場面だと少しやりにくいと思うのでオンラインで自分の好きな時にできたのが良かった。リラックスというのが実感できた。 


自律訓練法に関しては、大学の他授業で行った事がありましたが、教室でやるのとは比べ物にならないリラックス度合いを感じられました。やはり、こういったリラックスなどの気持ちを落ち着かせると言った事は静かな場所で1人で行うのが1番効果的だと思いました。
 


リラクゼーション技法については前から知っていて、正直眉唾ものだろうと信じていませんでした。実際以前別の講義で少し体験した際にはやはりあまり効果がありませんでした。しかし、今回自宅で行ってみると少しリラックスした気分になることができました。以前行った際は学校の教室で行っていたので、リラクゼーションを実施する場所もリラックスする要因になっているのかなと感じました。
 


今日はバイトがキツくて、体の緊張が抜けないなーと言う感覚があったので、今週の授業はリラクゼーションなのを思い出し、今日やるしかないと思いました。結構楽になりました。 

 

 オンライン授業は,その特性を上手く活用できれば,学生の主体的な学びを促進し,対面授業以上の教育効果を得られると考えています。今後も,様々な目的や状況に応じて,授業形態や内容を柔軟に展開していきたいと思います 


臨床心理学科 塚田知香

ページトップへ