メニュー

お知らせ

2018/03/02

2017成徳ミニコンサートvol.2を開催しました

 12月8日(金)に恒例の成徳ミニコンサートが開催されました。今回はミニコンサート初の子ども学部
学生による合唱が披露され、子ども学部授業「基礎音楽Ⅱ」の履修者が2つのグループに分かれ、それぞ
れ≪君とみた海≫と≪COSMOS≫を歌いました。指揮と合唱指導は本学非常勤講師の本城菊乃先生、橋本美
香先生、そして伴奏ピアニストは石井京子先生、高橋淳子先生が務めました。学生たちはコツコツと練習
を重ね、頑張ってきた甲斐があり、本番は緊張しつつも精一杯の力を出し、みずみずしい歌声を楷の木ホ
ールに響かせました。
 合唱の後は、上記の4人の先生方によるクリスマスソング・メドレーの演奏がありました。ユーモアと
ファンタジーにあふれる演劇仕立てのメドレーは十条の路地裏を舞台に、石井京子先生扮するマッチ売り
の少女の登場で始まりました。少女は店先のウィンドーから見えるピアニスト(役:高橋淳子先生)に憧
れ、思わずマッチを一擦りします。すると不思議!マッチの炎の力で突然、華麗なピアノ演奏を始めます。
そこに聖歌隊のミカエル(役:橋本美香先生)とキクエル(役:本城菊乃先生)も現れ、≪もろびとこぞ
りて≫≪赤鼻のトナカイ≫≪O Holy Night≫を美声で高らかに歌い上げます。そして4人が繰り広げる音楽は
≪きよしこの夜≫でさらに盛り上がり、ホール全体を温かく包み込み、観客を幸せで夢のような気分にして
くれました。出演者の先生方の演奏が素晴らしかったのはもちろんのことでしたが、それ以上に役になり
きった迫真の演技にはひたすら驚嘆するばかりでした。特に石井先生のマッチ売りの少女はあまりにもの
ハマり役で、笑いありのセリフに観客一同抱腹絶倒でした。

 

ページトップへ