メニュー

授業紹介

授業科目一覧表

幼児教育科の全授業科目です。

  • 幼児教育基礎演習
  • 教育原理
  • 保育実習指導I
  • 子どもの保健I
  • 教育心理学
  • 乳児保育II
  • 保育原理
  • 保育内容研究 子どもの育ちと健康
  • 保育内容総論
  • 児童家庭福祉
  • 保育内容研究 子どもの育ちと言葉
  • 青年心理学
  • 児童文化
  • 保育内容研究 子どもの育ちと表現・音楽
  • 乳幼児心理
  • 児童心理学
  • 保育内容研究 子どもの育ちと表現・造形
  • 音楽演習A
  • 課題研究A
  • 保育内容研究 子どもの育ちと環境
  • 音楽演習B
  • 課題研究B
  • 保育内容研究 子どもの育ちと人間関係
  • 造形表現法
  • 幼児造形
  • 教育課程総論
  • 障害児保育
  • 幼児音楽
  • 保育指導法演習
  • リトミック/国語/生活環境論/哲学/人文地理学
  • 心理検査法
  • 音楽表現A
  • 家庭支援論
  • 児童文学演習
  • 音楽表現B
  • 社会的養護内容
  • 児童文化演習
  • 幼児体育A
  • 教職実践演習(幼稚園・保育所)
  • 幼児体育B
  • 教育実習
  • 基礎造形
  • 教育実習指導
  • 生活
  • 教職概論
  • 子どもの保健II
  • 心理学
  • 保育者の言語表現
  • 子どもの食と栄養
  • 子どもの保健III
  • カウンセリング総論
  • 社会的養護
  • 保育原理II
  • 日本国憲法
  • 発達心理学
  • 保育実習II
  • 健康・身体運動科学
  • 乳児保育
  • 保育実習III
  • 身体運動とスポーツ
  • 社会福祉
  • 保育相談支援
  • 情報機器の操作
  • 相談援助
  • 保育実習指導II
  • 外国語コミュニケーション
  • 保育実習I
  • 保育実習指導III
  • 養護原理II
  • 発達心理学演習
  • 在宅保育
  • 比較児童文化演習

主な授業内容

子どもの遊びや活動から心の問題まで、保育の現場と照らし合わせながら実践的に学べます。

保育原理

子どもは、未成熟な状態で大人の保護や援助を必要としているが、一方で、主体的に周りの環境にかかわりながら日々成長する存在でもある。この授業では、「発達」「遊び」「子育て」とは何かを学びながら、「子ども」と「保育」についての基本的な考え方を深めることを目的とする。

教育原理

教育原理とは、教育の基礎理論である。幼児の保育や教育にあたる幼稚園教諭や保育士にとっては共通に身に付けておかなくてはならない専門的な教養を身に付けることを目的とする。

児童心理学

子どもの心身の発達過程について学習し、現代の子どもを巡る諸課題に適切に対応できる能力を養う

発達心理学

この授業は、保育士資格取得のための必修科目である。そのため、受講生各位が、保育の対象である<子ども>を理解するために必要不可欠な「発達心理学の基本的な知見を理解すること」と、保育者という責任ある専門職に必要な「行動科学的な視点を持つこと」とを目的とする。

乳児保育

本講義の「乳児保育」とは、3歳未満児期の保育のことであります。保育所・乳児院等の歴史の変遷に伴い、乳児保育のニーズは拡大し、現場での乳児担当保育士には、専門的知識と保育技術の習得が求められています。「一人ひとりの子どもにとっての最善」について、保育理論を実践例と併せて学び、0歳児保育・1歳児保育・2歳児保育の基本を理解することを目的とします。

保育者の言語表現

この授業の目的は、保育者としての自覚と、心が響き合う言葉遣いを学び、意識的に、自己の言語感覚を矯正していくことである。正しい日本語の遣いによって人と人が響き合うコミュニケーション力を培うことを目指します。

社会福祉

社会福祉基礎構造改革から障害者自立支援法など変動する社会福祉の流れを理解する。

教育実習指導

1年次11月後半に行う教育実習に向けて、実習の心構えや幼稚園で実習する内容・幼児理解の方法や、幼児の発達段階の理解、実習日誌の書き方、手遊び・絵本・紙芝居の読み聞かせ等の実技の実践を通して学習すること、又、社会人としてのマナーを身につける事を目的とします。

教育実習指導Ⅰ

保育所やその他の児童福祉施設で保育士として働くためには、保育士資格が必要であり、保育実習は、保育士資格を取得するために必要な実習である。保育士になるためには、児童や福祉についての基礎的な知識や理論、保育技術等、学ぶべきことが数多くあり、大学には、それぞれの講義や演習が用意されている。保育実習指導は、それらの知識や技術を、実際の保育の場での実践につなげるための準備を行うことを目的とする。

保育内容研究 子どもの育ちと人間関係

子どもの対人関係の発達には、家族や地域社会の在り方が大きく影響すると考えられる。少子化・核家族化・子どもの遊び環境などの変化を考えると、同年齢・異年齢の子どもが集団で過ごす場としての幼稚園・保育所の果たすべき役割は大きい。そこでこの授業では、保育の中で子どもの人とかかわる力をどのように捉え、どのように指導・援助していくのが望ましいかを考える。

保育内容研究 子どもの育ちと表現・造形

子どもの日常生活の中にある多様な造形活動に着目し、子どもの成長過程をふまえ、幼児教育・保育の現場における造形表現活動の果たすべき役割を考えて行きます。

基礎造形

子どもたちとかかわる有効な手段の一つとして、造形活動をあげることができます。ここでの造形はただ作品を作れば良いというものではありません。そこで何を感じ考え、どんな材料・技法を用いてどんな表現をするのか、その一つひとつの重要性を確認しながら、制作の楽しさを味わえることが大切です。この講座では、将来幼児教育に携わろうとする大学生に必要な、造形における基礎的な技術と感性を磨いていきたいと思います。

音楽表現A

子どもの音楽表現に関して、保育者として子どもの様々な音楽活動を適切に援助できるように、また子どもと共に音楽を楽しむことができるように表現の技術を高め、感性を養う。ピアノ演習については、<四季のうた>、<生活のうた>、<行事のうた>、<いろいろなうた>の弾き歌いの曲を練習する。

幼児体育A

幼児の運動遊びの意義とその内容について学び、将来幼稚園教諭並びに保育士となるために必要な運動技能の向上を図るとともに、幼児の発達段階に応じた運動遊びの指導について研究し、幼児の発達に即した指導方法を学習することを目的とします。

幼児教育基礎演習

幼児教育を学ぶには、幼児の発達や心の理解、教育の理念、指導に関する各領域の知識と技術・方法の学修が必要です。この科目は資質の高い保育者を育成するために本学の独自に設定した科目であり、「幼児教育の専門家となる自覚」と「スペシャリストとして、社会に貢献する力を身につけるための基礎的能力」について学修することを目的としています。

課題研究A

ゼミ形式で行います。子どもを巡る現代的な諸課題を明らかにしながら、子どもたちに健やかな成長を遂げさせるために保育者・大人が果たすべき役割について考える。

関連リンク

  • シラバス
  • 東京成徳大学公式フェイスブック
  • 研究紀要

ページトップへ