メニュー

在学生・卒業生メッセージ

学生インタビュー

子どもたちを招いてみんなで盛り上げた桐友祭

竹平智恵さん竹平 智恵さん幼児教育科2年(2012年度)
東京都立江戸川高等学校出身

十条台キャンパスの学園祭である桐友祭の実行委員長を務めました。
ここには子ども学部も幼児教育科もあるので、子どもたちに喜んでもらえる催しもしようと皆で話し合い、各サークルに声をかけて回りました。チラシも自分たちでつくって、近くの幼稚園や保育園、小中学校に配りました。人形劇やパネルシアター、絵本の会など、楽しんでもらえたと思います。イベントは全員の意見を聞きながら、話し合って、ひとつの方向へまとめていかなければ実現できません。その経験は、春から職場となる江戸川区の保育園でも生かされると思います。本当に短い2年間でしたが、一生の仕事と友だちと恩師を得ることができました。

やりがいを実感した縦割り保育の幼稚園

薗田彩乃さん薗田 彩乃さん幼児教育科2年(2012年度)
埼玉県立久喜高等学校出身

私が就職先に決めたのは、異年齢児保育を取り入れている幼稚園。年長・年中・年少の子どもたちがまじってひとつのクラスを形成しています。いまは兄弟姉妹のいない子どもが多い時代なので、年長の子どもは年中や年少の子どもたちの面倒を見ながら思いやりの気持ちが育まれたり、逆に年少の子どもは憧れの気持ちを抱いたり、そんな環境に大きな魅力を感じました。私も先生1年生として、先輩方からはもちろん、子どもたちから学ぶことも多いと思います。
できるだけ多くのことを吸収して、子どもたちに信頼される先生になりたいです。幼い頃から憧れていた夢がいよいよ実現される時。もっともっと成長したいと思います。

桐友会やボランティア 充実感でいっぱいの2年間

大野菜美さん大野 菜美さん幼児教育科2年(2012年度)
東京都立江戸川高等学校出身

地元・江戸川区の保育園の先生になります。2年間をふり返ると、授業や実習はもちろんのこと、キャンパスライフの全てが先生になる上で有意義だったと感じています。授乳室も用意して、たくさんの親子に来ていただいた桐友祭。乳児院のクリスマス会でパネルシアターを行ったボランティア部の活動。オープンキャンパスで高校生に向けて発表した学科説明。これまでの経験を生かして、いつも子どもの気持ちに寄り添って、一対一で関われる先生でいたい。保育園は集団行動の場ではあるけれど、その中でも、一人ひとりの子どもが、自分は認められているんだなと愛情を感じてもらえるような環境にしていきたいと思います。

2年間の学びを保育の現場で実践

東條彩加さん

様々な授業で保育技術を教わり、学校で得た知識や技術は働き始めてとても役に立ちました。中でも手遊びや歌、造形の授業で学んだことは子どもたちからも人気で毎日「やって」とのリクエストがあります。子どもたちの喜ぶ姿はやる気に繋がると日々実感しています。
学生時代は、歌や手遊び以外にも指導案や日誌の書き方等の実習に対応した授業が多く、初めての実習でも不安を取り除く事ができました。選択科目もありますので、興味のある授業を受けたことで、自分のやりたい保育が見い出せた気がします。
また、先生方がとても身近な存在で、いつでも相談に乗ってくれました。一人ひとりと真剣に向き合ってくれるとても素敵な先生方や充実した授業がこの学校の魅力だと思います。

東條 彩加(2011年度卒業)

保育士

子どもと一緒に成長する喜びを実感

神山仁美さん

現在、幼稚園教諭として、三歳児クラスの担任をしています。とにかく毎日があっと言う間に過ぎていきます。仕事を始めたばかりの頃は、不安や迷いだらけでしたが、諸先輩のご指導を頂き最近になってようやく自分のやるべきことが見えてきました。
実際の保育をしていく中で、短大で作ったパネルシアターやその作り方は現場ですぐに生かすことができました。また手遊びやピアノの授業は大きな自分の武器になると実感しています。先生方体験談なども実際の現場で役立っています。
日々子ども達は成長しています。そんな子ども達と一緒に時間を過ごせることはとても幸せです。保育者は子ども達の命を預かる責任の重い仕事ですが、自分自身が全力で子ども達と向き合えば、それ以上のものが必ず返ってきます。普段の保育でもそうですが、運動会やお遊戯会は最高です。感動の嵐でした。純粋で無限の可能性を秘めている子ども達と共に過ごし成長できるこの職業はとても素敵です。保育者という素晴らしい夢に向かって頑張ってください。

神山 仁美(2011年度卒業)

幼稚園教諭

関連リンク

  • シラバス
  • 東京成徳大学公式フェイスブック
  • 研究紀要

ページトップへ