メニュー

2年後の姿(資格、進路)

育てる人物像

子どもの心にふれる、社会のニーズに応えられる保育者に

  • 少人数制授業におけるきめ細かな指導により、個々の学生の得意な分野を伸ばし、豊かな人間性と社会性、そして魅力を備えた保育者を育てます。
  • 就学前の子どもの理解について、多角的な専門教育と研究を行うことで、確かな専門的知識と研究意欲をもった保育者を育てます。
  • 充実した演習や実技指導を通じて、保育の実践カと即応力を備えた保育者を育てます。

こんな力が身につきます

専門的資質能力(保育実践力と研究力)を身につける

  • 子どもの教育や保育に関する専門的知識と研究するカ
  • 社会のニーズに対応できる教養と社会性、教育・保育実践力
  • 保育の専門家としての人格と、求められる役割を理解し最大限に努力する力
平井 円香 さん

平井 円香さん 公立保育士 内定
幼児教育学科2年
東京都 私立東京成徳大学高等学校出身

修得できるスキル

将来の希望に応じたさまざまな資格や免許の取得が可能

幼稚園教諭免許状と保育士資格を同時に取得

2 年間で、幼稚園教諭免許状・保育士資格・認定ベビーシッター資格・幼児体育指導員・社会福祉主事(任用資格)などが同時に取得できます。幼稚園、保育所、施設などへの就職の機会が持て、選択肢が広がります。

専門スキル

保育の技術

  • 乳幼児理解に関するさまざまな授業や保育実習室を活用した演習、実習の経験などを通じて、実践的な保育の技術を学びます。

援助の技術

  • 子どもの命を預かる保育者として、家庭や地域を援助するための知識や技術、子どもの安全に配慮した保育について学びます。

表現の技術

  • 子どもたちと信頼関係を築くための表現技術が身につきます。ピアノの演奏、造形、運動遊びなど、表現の技術などを学びます。

専門スキルを活かした資格

卒業と同時に取得可能

  • 幼稚園教諭二種免許状
  • 認定ベビーシッター資格
    〔全国保育サービス協会〕
    ※厚生労働省認可の公益法人
  • 保育士資格(国家資格)
  • 社会福祉主事(任用資格)

在学中に取得可能

  • 幼児体育指導員(初級)
    〔日本幼児体育学会〕

社会人基礎力

子ども学部では、実践的な学びを通して、さまざまな人と関わる機会が多くあります。その中で、次のような「社会人基礎力」を身につけることができます。

自覚と責任感

  • 少人数制の授業におけるグループワークや発表経験を通じて、自らの特性を自覚し、責任感を養います。

礼儀とマナー

  • 演習授業の中で、あいさつの大切さや敬語の使い方、生活上の常識、さまざまな場面での席次や名刺交換の作法などの礼儀やマナーを学びます。

コミュニケーション

  • 子どもや保護者への対応力を養うための演習を通じて、集団に対する働きかけや、個別援助のためのコミュニケーション・スキルを学びます。

めざせる卒業後の進路

保育現場で活躍する

幼稚園や保育所、認定子ども園(幼保一体施設)、施設などへの進路が選択できます。
取得免許や資格を活かし、保育の現場で活躍している卒業生が数多くいます。また、四年制大学への進学も可能です。

卒業後の主な進路

幼稚園/乳児院/保育所/託児所/養護施設/進学

GRADUATE 01

鈴木朱里さん

2年間という限られた時間で
大事なことを学ぶことができました

幼稚園時代から先生に憧れて、小さい子とかかわるのが好きだったのと、短大で実習をしていくうちに、成長を大きく感じられる乳児を見ていきたいと思うようになり、保育園に保育士として勤めることを決めました。短大では、子どもの年齢ごとの発達の違いや特徴、様々な保育技術を学び、それが今の仕事で活かせています。
その学びを通じて、年齢ごとにどうかかわるべきか、援助の仕方を考えながら保育に当たっています。 また、実践的な保育技術を学んだことで、パネルシアターや手遊び、読み聞かせなど、直接現場の保育に活かせています。私は短大で同じ夢を持った友達と、楽しいことや辛いことも乗り越えてきました。2年間という限られた時間の中で、現場で働く上で大事なことなどを効率良く学ぶことができ、とても充実した毎日でした。恵まれた環境の中で、きっと夢が大きく膨らんでいくと思います。

私立保育所 保育士 鈴木 朱里さん

埼玉県 県立越谷西高等学校出身 幼児教育科 2014年卒業

職場からの声

優しく控え目な人柄の中に責任感と芯の強さを感じさせます。

彼女には優しく控え目ながらもとても責任感と芯の強さを感じます。
仕事を始めて間もない頃、退勤時に38℃を超える発熱がありながらも、翌日は「熱がさがりましたので大丈夫です」としっかりと勤務してくれました。
他の職員に迷惑をかけないようにと、新卒ながらも頼もしさを感じた出来事です。また、大変真面目で学ぼうとする姿勢がありますね。研修に積極的に参加し、学んだことを現場で活かそうと努力しています。今後は保育経験を重ね、臨機応変に対応できる柔軟性を伸ばしてほしいと考えています。

同保育所(13年目) 三家本 素子さん

GRADUATE 02

薗田彩乃さん

子どもたちと一緒になって
目標に向かっていくことが楽しくてやりがいがあります

子どもが好きだったことや私が幼少期だった時の担任の先生が大好きだったことがきっかけで、当時の担任の先生のように愛情を持って子どもと接し、一緒に居て楽しい、安心するような教師を目指して日々保育を行っています。
短大時代に学んだ「教育課程総論」と「幼児教育の原理」を受講し、教育とは何か、どのように狙いを定め、内容を構想するかなどを学ぶことができました。保育には正解がありませんので、その子によって言葉掛けや指導法が違うこともあります。だからこそやりがいを感じるのだと思います。東京成徳短期大学には優しく熱心に指導を行ってくださる先生方が沢山いらっしゃいます。学生一人ひとりと向き合い、相談にも乗ってくださり、的確な助言を頂ける素晴らしい先生たち。そんな先生のもと、豊かな感性を磨き、教養を身につけることができる学校です。

私立幼稚園 教諭 薗田 彩乃さん

埼玉県 県立久喜高等学校出身 幼児教育科 2013年卒業

職場からの声

親御さんからも信頼を集め、
その場の空気を読んで配慮のできる先生です

彼女は落ち着いていて、穏やかな口調で、はきはきした先生です。
お話作りから劇に発展させていく行事では、得意な絵を描いてきて子どもたちの考え方を取り入れながら更にイメージを膨らませることができたようで、劇づくりにもスムーズに移行し、役になりきらせ楽しませることができていました。
今後は「表現」の世界を楽しませる能力があるといいと思います。お話、音、絵画製作、ピアノ、様々な楽器などで子ども達の表現あそびが豊かに広がるように柔軟な対応ができる能力を備えていると楽しく活動ができるのではないでしょうか。

同保育所(36年目) 筒野 春子さん

関連リンク

  • シラバス
  • 東京成徳大学公式フェイスブック
  • 研究紀要
  • 教員・学生がご紹介 動画で東京成徳

ページトップへ