短期大学 幼児教育科

高い教育的見地から、子どもを導いていくことのできる保育者、そして子どもの心にふれる保育者になる

豊かな保育者の育成を目指すための学科です。
幼稚園教諭二種免許状・保育士資格を同時に取得も可能。
就職率90%以上を誇る実績も魅力です。

科長のご挨拶

幼児教育科 科長 安見 克夫 教授 東京成徳短期大学幼児教育科のホームページを
開いていただき、ありがとうございます
 
 
幼児教育科 科長
教授 安見 克夫

心と心の扉が開かれました。
貴方が保育者を目指す志を実現できる、もっとも早道な大学の一つです。
自己の求める専門性を2年間で実現することが可能です。
優秀な教授陣の丁寧な指導によって、保育者となる有能な資質と専門性を、貴方は2年後に手に入れることができるでしょう。
是非、貴方の主体的な行動力と学修する意欲を持って、入学していただきたいと思います。
幼稚園、保育園、そして施設で子ども達が貴方の笑顔と出会う日を待っています。
是非ご縁ができることを期待いたします。

学びの特色


1.乳幼児教育の基礎を実践的に学ぶ
入学時より保育者を志す学生が多い学科ですので、入学と同時に幼児教育の基礎を実践的に学び、仲間と切磋琢磨しながら保育者としての知識・技能を身に付けます。
保育シミュレーションルームを活用したり、実際に幼稚園や保育所に行って現場の様子を体験する科目も設けています。
イメージ写真

2.子どもを理解するための科目を重視
子どもを理解するための科目が多数用意されており、児童心理学、保育原理、児童福祉等を卒業必修としています。
また、学生が自分の興味のある課題を研究することができるように、課題研究を必修にして、自発的に学べるように配慮し、少人数でのディスカッションや研究・発表の場を設けています。

3.幼稚園教諭免許状(国家資格)と保育士資格(国家資格)を同時に取得
2年間で、幼稚園教諭免許状・保育士資格・認定ベビーシッター資格・幼児体育指導員・社会福祉主事任用資格などが同時に取得できます。
幼稚園、保育所、児童福祉施設等への就職の機会が持て、選択肢が広がります。

4.卒業生の実績が物語る高い就職率
現在は厳しい就職状況下にありますが、幼児教育科の就職率は9割以上と高くなっています。
卒業生が在職している園や実習園、学生が卒園した園への就職が多くなっています。
また、四年制大学への編入学も可能です。

教育カリキュラムのしくみ 教育カリキュラムのしくみ
 
卒業と同時に
取得可能な資格
幼稚園教諭二種免許状(国家資格)
保育士資格(国家資格)
社会福祉主事(任用資格)
認定ベビーシッター資格(社団法人全国ベビーシッター協会認定)
幼児体育指導者検定(2級)

研究成果とリカレント教育


子どもの心にふれる、感性豊かな保育者を育む環境です。
保育研究発表会  保育活動の表現の研究成果を発表します。

保健研究発表会イメージ写真1 保健研究発表会イメージ写真2 保健研究発表会イメージ写真3

幼児教育科の学生が、劇やダンスなどの表現活動、合唱、吹奏楽、パーカッションアンサンブルなどの音楽演奏、研究レポートのプレゼンなどを行います。この発表を通して保育実技の意義や実践の楽しさを体感し、実践力と個性と魅力のある保育者を目指します。

width='70' 幼児教育科の研究誌「桐の花」は児童文学者の滑川道夫先生が創刊された雑誌です。平成28年度で第47号となりました。内容は学生の創作童話をはじめ、授業でのレポートや研究レポート、幼稚園や保育所での実習レポートなど在学生の役に立つ内容が多く含まれています。


卒業してからも学べる場を提供しています。
保育研修会  日々変化する保育の現場で働く卒業生や地域の保育者を支援するための研修会を開いています。

保健研修会イメージ写真 保育者として巣立った卒業生を対象に、およそ30年前から実施している研修会です。保育に関する今日的課題や現代的ニーズ、保育の情報について、本学教員や著名な外部講師と意見交換をしています。同時に、実技講習会も実施。新しい保育実技を身に付け、さらに魅力ある保育活動になるよう取り入れています。本学卒業後も、このように学びの場所を長年継続し提供しています。これからの保育者は、時代に対応した資質の高さが求められています。保育者としての資質向上に繋がる研修会を、今後も展開していきます。