応用心理学部 福祉心理学科

人の心に寄り添い、支えられる人へ。あなたにしかできない福祉の道がある。

支援を必要とする人々がよりよく生きることができるように、福祉心理学科は一人ひとりに寄り添った相談や援助が円滑に進められる専門家の育成をめざしています。そのために必要となる社会福祉学、心理学、医学、教育学などを体系的に学び、幅広い分野に対応できる能力を身につけます。

学びのポイント

福祉マインドを身につけたヒューマンサービスの専門家の育成をめざします

福祉心理学科の学びを通して、高齢者や子ども、障がいのある人々などに対する相談援助や支援に必要となる知識、技能、態度を身につけます。その成果として国家資格である社会福祉士、精神保健福祉士の受験資格、高等学校教諭第一種免許状(福祉)が取得できます。

資格(卒業と同時に取得可能)および卒業後の進路

資格取得の支援

  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 高等学校教諭一種免許状(福祉) など

授業科目である、ソーシャルワーク研究、社会福祉学特講等で合格に向けてバックアップします。


社会福祉領域の相談援助の専門家

  • 社会福祉士

進路1
子ども家庭福祉心理:児童相談所、児童福祉施設、児童館、保育所、子どもビジネス など

進路2
障がい者福祉心理:障がい児(者)障害者サービス事業所、社会福祉協議会、各種障害者サービス事業所 など

進路3
高齢者福祉心理:地域包括支援センター、高齢者福祉施設、各種高齢者サービス事業所 など


精神保健福祉領域の相談援助の専門家

  • 精神保健福祉士

主な進路
精神科病院、クリニック、公務員、福祉施設 など


学校教育の分野

  • 高等学校教諭一種免許状(福祉)

主な進路
高等学校、学童保育、大学院 など


心理系・教育系大学院を目指す

  • 福祉心理士
  • 認定心理士

主な進路
大学院(臨床心理士、教職)


応用心理学部 福祉心理学科の詳しい情報は