メニュー

八千代キャンパス

 八千代キャンパスではさまざまな留学や研修のプログラムを用意しています。
 期間も1週間から1年までいろいろです。国際交流委員会が主催する6つの国・地域16大学への長期留学や2~3週間の短期語学研修、国際言語文化学科が主催する異文化体験ツアーやオーストラリア又は韓国へのインターンシップ付き半期留学、さらには応用心理学部が主催する海外研修旅行。所属学科にかかわらずどのプログラムにも参加できます。また単位認定もされますので4年で卒業することが可能です。
 留学期間・時期・予算など自分の希望と合うものを見つけるためにも早目に計画しましょう!

各種留学・短期研修プログラムと留学申込書はこちら

留学先(派遣大学)

コー大学概要 セントマイケルズ大学 テキサス大学タイラー校概要 ディーキン大学概要
アメリカ
コー大学

大学officialサイト
アメリカ
セントマイケルズ大学

大学officialサイト
アメリカ
テキサス大学タイラー校

大学officialサイト
協定大学
オーストラリア
ディーキン大学

大学officialサイト
インターンシップ対象校
ラトローブ大学 ランガラ大学 同済大学 大連理工大学
オーストラリア
ラトローブ大学

大学officialサイト
カナダ
ランガラ大学

大学officialサイト
中国
同済大学

大学officialサイト
協定大学
中国
大連理工大学

大学officialサイト
寧夏大学 蘇州科学技術学院大学 漢陽大学校 白石大学校
中国
寧夏大学

大学officialサイト
中国
蘇州科学技術学院大学

大学officialサイト
協定大学
韓国
漢陽大学校

大学officialサイト
協定大学
韓国
白石大学校

大学officialサイト
協定大学
梨花女子大学校 祥明大学校 慶煕大学校 開南大学
韓国
梨花女子大学校

大学officialサイト
協定大学
韓国
祥明大学校

大学officialサイト
韓国
慶煕大学校

大学officialサイト
協定大学
台湾
開南大学

大学officialサイト
協定大学

オーストラリアでインターンシップができる留学制度

2008年度から国際言語文化学科の学生向けに新留学制度を導入し、2009年度からは全学科の学生が参加できるようになりました。オーストラリア・メルボルンの大学での英語研修15週間(20週間も選べます)に続き、メルボルン市内での2週間のインターンシップ(職場体験)を含むプログラムです。職場は一般企業、福祉施設、学校、小売店などから選ぶことができます。お世話になるM.I.海外留学の現地事務所には日本人スタッフが常駐しているので安心です。

秋季コースの出発は8月中旬、帰国は翌年1月中旬、春季コースの出発は3月中旬、帰国は8月初旬を予定しています。快適な時期の南半球で学びながら、将来の方向性・動機付けを見出すきっかけとするのが狙いです。

交換留学

採用枠 中国:蘇州科学技術学院大学 3人
韓国:梨花女子大学校 3人、慶熙大学校 2人、白石大学校 1人
台湾:開南大学 3人
アメリカ:テキサス大学タイラー校 5人
申請時期
後期(秋冬)留学 4月
前期(春夏)留学 10月
参加資格
  1. 留学時2年生以上であること。
  2. 成績が優秀であること。
  3. 派遣する大学の授業に参加するうえで、支障のない語学能力を有することが望ましい。
  4. 修業年限4年で卒業が見込まれること。
  5. 前記の要件を満たし、かつ学科長の推薦のあった者。
留学期間 半期(1年を限度とし、採用枠の範囲で延長を可能とする。)
学費の援助 留学先の学費を全額援助

半期留学

アメリカ合衆国アイオワ州で150年以上の歴史を誇るコー大学、オーストラリアでも最大の大学のひとつであるメルボルンのラトローブ大学、韓国では120年以上の歴史を誇る梨花女子大学校や設備の整った白石大学校、中国では屈指の名門校である上海の同済大学と提携しています。合計6ヶ国14大学のプログラムを用意しています。現地の大学で修得した単位は本学の卒業単位として認定されます。本学独自のプログラムですから留年せず4年間の在学中に留学を体験すると同時に卒業ができ、研修期間中の授業料の一部を大学が負担する特典もあります。

採用枠 10人以内
申請時期
後期(秋)留学 4月
前期(春)留学 10月
参加資格
  1. 留学を希望する2年生以上の学生で留学満了日において在籍していること。
  2. 修業年限4年で卒業が見込まれること。
  3. 派遣する大学の授業に参加する上で、支障のない語学能力を有することが望ましい。
  4. 前記の要件を満たし、かつ学科長の推薦があった者。
留学期間 半期(1年を限度とし、採用枠の範囲で延長を可能とする。)
学費の援助 留学期間に応じた授業料の月額相当額を援助する。ただし、英語圏の大学については27万円を限度とし、その他の大学については、留学先の学費と本学授業料の2分の1の額のいずれか低い額を上限とする。

長期特別留学(平成20年度から実施)

長期(1年)の留学を希望する学生のうちから、特に学業優秀な者に留学期間中の学費を援助する。

採用枠 2人
申請時期 2月
参加資格
  1. 留学を希望する2年生以上の学生で、留学満了日において在籍していること。
  2. GPA値 3.5以上であること。
  3. 派遣する大学の授業で用いる言語により、下表の語学能力以上を有すること。
    英 語 TOEIC 700 TOEFL 英検 準1級
    540(PBT) 207(CBT)
    中国語 中国語検定試験 2級
    韓国語 ハングル能力検定試験 2級
  4. 修業年限4年で卒業が見込まれること。
  5. 前記の条件を満たし、かつ学科長の推薦があった者。
留学期間 1年
学費の援助 留学先の学費は、本学の授業料の枠内で援助する。

共通事項

留学先の選考 教授会の議を経て決定する。
在学年数の取扱 留学期間は本学の在学年数に参入する。
修得単位の認定 派遣先大学で修得した単位は、教授会の議を経て、30単位を越えない範囲で、本学の単位として認定する。

ページトップへ