メニュー

大学院の教育方針

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

修士課程

本研究科は、現代の複雑化した社会のなかで「心の専門家」として社会貢献できる人材を養成するために、心理的援助に関する基本的な資質と知識を有し、心理的援助を学問として支える臨床心理学ならびにそれに関連する分野の学習と研究に熱意と強い意志を持っている人を求めています。

博士後期課程

本研究科は、「心の専門家」として研究する能力のある人材を養成するために、臨床心理学ならびにそれに関連する分野の知識を有し、かつそれらの分野の研究に熱意と強い意志を持っている人を求めています。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

修士課程

本大学院の修士課程は、次のような方針を持ちます。

  1. 臨床心理学ならびにこれに関連する他の分野の専門的知識を修得させるだけではなく、心理的援助の実践的技能を身に付けさせることにも力を注ぎます。
  2. 昼夜開講制の採用。昼間主コースと夜間主コースとに一応学生を分けますが、学生の条件に合わせて、昼夜いずれの授業を受講しても、修了単位として認定します。

教育課程は、必修科目と選択科目から構成し、必修科目は(財)日本臨床心理士資格認定協会が必修と指定している科目(臨床心理学特論、臨床心理面接特論、臨床心理査定演習、臨床心理基礎実習、臨床心理実習)のほかに、修士論文の作成に必要な心理学研究法特論と心理統計特論の 2 科目とします。そのほかの臨床心理学に関連する他の分野の心理学や精神医学等を、選択科目とします。また、授業科目は、講義の授業を中心とし知識の育成を図る「特論」、実際の問題を討議し応用能力を開発する「演習」をセットとして開設します。さらに臨床心理の専門的な援助を学ぶ授業として「実習」を設けます。

博士後期課程

博士課程の教育課程は、研究能力ならびに応用力を身につけるための「研究」と「演習」から構成します。また高度の実践的能力を育成する「実習」も設けます。いずれの科目も、必修科目はなく、学生が自分の希望に合わせて選択できるようにします。

ディプロマ・ポリシー(修了判定・学位授与に関する方針)

以下のような知識や能力を身につけ、かつ所定の単位を修得し、修士課程にあっては修士論文、博士課程にあっては博士論文を提出し、その審査及び最終試験に合格した学生を修了と認定し学位を授与します。

修士課程

社会において貢献できる「心の専門家」として、次のような知識・能力を修得することを求めます。

  1. 「心の専門家」に求められる社会性と倫理観
  2. 臨床心理学に関する知識と応用能力
  3. 臨床心理学に関連するほかの心理学の分野や精神医学等の知識と応用能力
  4. 心理学の研究についての知識と能力
  5. 心理的援助についての知識と能力

博士課程

臨床心理学ならびに他の心理学の分野の研究能力を身につけた「高度の心の専門家」として、次のような知識・能力を修得することを求めます。

  1. 「高度の心の専門家」に求められる深い教養と社会性や倫理観
  2. 臨床心理学の研究についての知識と能力
  3. 臨床心理学に関連するほかの心理学の分野の研究についての知識と能力

博士後期課程

博士課程の教育課程は、研究能力ならびに応用力を身につけるための「研究」と「演習」から構成します。また高度の実践的能力を育成する「実習」も設けます。いずれの科目も、必修科目はなく、学生が自分の希望に合わせて選択できるようにします。

ページトップへ