メニュー

学長短信

2019/04/15

十条台キャンパスのベニバナトキワマンサクが見頃です №16

 4号館と6号館のあいだの敷地に、いまマンサクに似たヒモ状の紅花が満開です。
ふつうのマンサクが落葉樹であるのに対し、一年中葉をつけているため「常盤満作」と名付けられたようです。本来は暖かい地方で生育が見られましたが、温暖化により関東地方でも生垣に使われるようになったと言われます。4月から5月にかけて、花の紅色が人の気持ちを温かくしてくれます。
(2019年4月15日)
 

 

ページトップへ