メニュー

授業紹介

臨床心理学を核に、学校臨床に関する領域、発達臨床に関する領域、福祉・医療に関する領域等を幅広く学び、また実習では心理臨床家としての実践的資質を養うことを目的とし、社会の様々な場面に対応できる教育課程を用意しています。

発達臨床心理学分野と学校臨床心理学分野の二つの研究分野から希望する研究分野を選択し、研究に必要な授業科目を履修するとともに、指導教員の指導のもとに特定の研究テーマについて研究を進めていきます。

修士課程開講科目

根津克己 准教授

認知行動療法の歴史、前提、基本的な枠組み等を講義する。また、代表的な介入技法について、講義および実践を行う。 なお、CBTは、さまざまな年代層や問題に対応しているが、この科目では、まず大人のうつや不安を対象とした認知行動療法を対象に進める。

井上忠典 教授

認知行動療法の歴史、前提、基本的な枠組み等を講義する。また、代表的な介入技法について、講義および実践を行う。 なお、CBTは、さまざまな年代層や問題に対応しているが、この科目では、まず大人のうつや不安を対象とした認知行動療法を対象に進める。

阿部宏徳 准教授

臨床面接に必要とされる知識、技法について文献講読などを通じて学ぶ。具体的には、臨床心理面接についての基本的なルールやプロセス、心理アセスメント、倫理、関連する法規、連携先諸施設の概要などについて検討する。

田村節子 教授

臨床面接に必要とされる知識、技法について文献講読などを通じて学ぶ。具体的には、臨床心理面接についての基本的なルールやプロセス、心理アセスメント、倫理、関連する法規、連携先諸施設の概要などについて検討する。

吉田富二雄 教授

現代の情報化社会では常にevidence-based(データに基づく)な議論が求められている。測り予測し統制すること。統計学は社会現象や自然現象のあらゆる不確実性を科学する基本的なツールである。本講義の前半では、仮説検定の論理から1変数のデータ処理を扱い、後半では2変数の関係(相関係数の意味)からスタートして因子分析などの多変量解析について講義する。本講義を通して、修士論文作成における研究論文の読解、実験・調査データの分析の準備とする。

田村節子 教授、西村昭徳 准教授、石村郁夫 准教授、泉水紀彦 助教

調査・実験・質的データ収集、そして統計ソフトを用いた実習を学び、研究に必要な実践的知識を習得する。

西村昭徳 准教授

本講義では、臨床心理査定法の理論と実際について学習する。心理査定の位置づけや施行時の心構えについて学習した後、各査定法の概要、実施方法および解釈法や報告書作成の方法を体験的に学ぶ。講義、演習、事例検討を通して、臨床現場における心理査定の有効な使い方を学ぶことを目的とする。

阿部宏徳 准教授

本講義では、臨床心理査定法の理論と実際について学習する。心理査定の位置づけや施行時の心構えについて学習した後、各査定法の概要、実施方法および解釈法や報告書作成の方法を体験的に学ぶ。講義、演習、事例検討を通して、臨床現場における心理査定の有効な使い方を学ぶことを目的とする。

井上忠典 教授、泉水紀彦 助教

心理臨床における面接の基礎となる傾聴ができるように、ロールプレイを中心とした実習を行う。受講者同士が互いにカウンセラー役とクライエント役になり短時間の模擬カウンセリングを行い、その様子を記録し、この記録に基づいて授業の中で検討をする。

石村郁夫 准教授

本講義は面接の基本となる、自己分析、非言語的情報の読み取り、主訴の把握、感情の反映、認知・スキーマの同定、話の焦点の維持、ネガティブなフィードバック等のテーマを紹介し、討議、グループワーク、ロールプレイを通して、面接で必要とされる技術に関して体験的な理解を深める。また、同一のクライエント役に対して模擬カウンセリングを複数回行い、その様子を記録し、その記録に基づいて授業の中で検討する。

田村教授、井上教授、根津准教授、西村准教授、阿部准教授、石村准教授、泉水助教

心理臨床家としての実践的資質を培うことを目標とし、その目標を達成するため、学内実習においては、付属相談センターでのケースの担当、および定期的なスーパービジョンを受けること、受理面接の陪席と受理会議での発表、事例会議でのケースの発表、受付実習への参加すること。学外実習においては、大学院の指定基準を満たす実習機関で、原則として2領域にまたがり2施設以上での実習を行う。

田村教授、井上教授、根津准教授、西村准教授、阿部准教授、石村准教授、泉水助教

心理臨床家としての実践的資質を培うことを目標とし、その目標を達成するため、学内実習においては、付属相談センターでのケースの担当、および定期的なスーパービジョンを受けること、受理面接の陪席と受理会議での発表、事例会議でのケースの発表、受付実習への参加すること。学外実習においては、大学院の指定基準を満たす実習機関で、原則として2領域にまたがり2施設以上での実習を行う。

岸竜馬 非常勤講師

精神分析的心理療法をベースに、心理療法を始めるに必要な知識を身に付ける。また、並行して、実際の医療現場等での様々な心理療法事例を検討し、臨床に必要な感覚・感受性を磨く。

小玉正博 非常勤講師

対人援助活動としての心理カウンセリングの意義と役割についてその歴史的展開を明らかにするとともに、カウンセリング関係の成立条件、カウンセラーの資質と能力、職業倫理などを取り上げて、カウンセラーとして期待される態度と行動について講義する。授業では配付する講義資料とスライドに基づいて進める。また、カウンセリングの実際を理解するために、適宜ワークシートによるロールプレイや映像資料等を通してカウンセリング過程を学習する。

田村節子 教授

子どもの成長と発達を援助する学校カウンセリングの考え方や技法を学び、学校における子どもの今日的な課題にどのように対応するのかについて理解を深める。学習した理論や方法の知識を、今後の自分(スクールカウンセラーを目指す者として、など)の課題にどう活かすかを検討する。

石隈利紀 教授

本講義では、児童生徒の心と行動の問題(いじめ、不登校、引きこもり、非行など)、その要因となる発達障害、児童虐待などについて、子どもと環境の双方から生態学的なアセスメントを行い、援助(カウンセリング・コンサルテーションなど)を行うプロセスを学ぶ。とくに児童生徒の自助資源(レジリエンス)や学校・家庭・地域の援助資源の発見と活用について学習する。また教師に対するコンサルテーション、保護者とのパートナーシップ、地域の援助ネットワークなどについても併せて学習する。

新井邦二郎 教授

本講義は、子どもの発達についての諸研究を概観するとともに、その諸理論を検討する。特に発達臨床心理学視点から視点から、発達の不適応の発生の諸条件の解明、支援(ケア)や対応の方法を考察する。

新井邦二郎 教授

最初、包括的立場から発達課題とそのつまづきの問題を論じる。そのあと、個別的な不適応のテーマを選び、学習を行う。

岡田弘 非常勤講師

グループアプローチについて体験的に学ぶ。具体的には、グループアプローチとは何か、様々な形態、実施方法等について、講義、演習を交えながら授業を行う。特に、構成的グループエンカウンターを取り上げ、最終的には、実際にリーダーとしてグループを扱えるようになることを目標とする。集中授業については、集中体験を目的とし、自己理解、他者理解を深めることを目標とする。

石隈利紀 教授

学校のすべての児童生徒を対象とした「生徒指導(ガイダンス)」について、活動内容や課題に焦点をあてて学習する。また「教育相談」、「キャリア教育」の意義と内容について学習し、生徒指導・教育相談・キャリア教育の関係について理解する。さらに生徒指導の体制や地域との連携について学習する。

田辺肇 非常勤講師

人格心理学における概念の歴史的展開を中心に、心理学的人間理解の諸理論を参照しながら性格・人格・自己・自由意思・主体性・アイデンティティなどの鍵概念を検討する。

樫村正美 非常勤講師

心理的な問題、行動異常は個人の問題だけでなく、家族関係が関与することがほとんどである。本講義では、家族とは何か?という基本的な問いから家族理解のための諸理論、そして治療理論についての視座を座学に加えてディスカッションやワーク等を通して身につけることを目的としている。

吉田富二雄 教授

本講では、臨床心理学への応用を視野に、潜在的態度測定を含む社会心理学的な測定論・方法論を講義する。授業の前半では、(1)集団行動を中心に社会心理学の基礎的知見を解説し、(2)尺度構成から社会現象の解析までの問題を取り上げる。後半では、(3)潜在認知と潜在的態度測定の問題を扱う。
潜在連合テスト(Implicit Association Test:IAT)の開発以来、潜在的態度が社会行動に及ぼす影響について多くの研究がなされてきた。分類課題における反応時間測定から潜在的態度を探る試みは、コンピュータープログラムの開発で容易になり、臨床的応用も期待される。参加者数や興味にもよるが、授業の前半は講義、後半は参加者が最も興味ある関連論文を取り上げ、目的・方法・結果の分析と解釈の妥当性などを発表してもらい、討論を通して理解を深め、その臨床的適用の可能性などについても議論していく。

青木佐奈枝 非常勤講師

本講議では、臨床心理査定法のうち、投影法の理論と実際について学習する。概論として投影法の位置づけや施行時の心構えについて学習した後、特にロールシャッハ・テストについて、概念や方法、解釈法を講義、実習、事例検討を通して学ぶ。

小林剛史 非常勤講師

本講では、認知心理学および神経科学の新旧の興味深い研究の知見を紹介するばかりではなく、その背景にある人間の脳および心理過程における興味深い特徴を学ぶ。近年の情報化社会により、人は大量の刺激に常に曝されており、その刺激環境に起因すると考えられる精神障害や適応不全も散見される。これほど多くの情報が氾濫する時代において、人の脳および認知の機能はどのような歪みを示すのかについて共に考察していく。「こころ」という現象は、多様な因果関係の複雑な相互作用によって生じ、結果としてその本質をとらえるのが難しい。その現象を全体的、総合的にとらえるという方向性と、要素的にとらえるという方向性の両面を学ぶ。

小林剛史 非常勤講師

「学習」は、心理学の最も古いテーマの一つであり、人間の変容の基本的なプロセスのひとつである。人間が持つ学習の能力は、恐怖症などの精神病理の原因としても注目されており、教育やカウンセリング、心理療法における「学習」の理解は重要である。本講は、新旧の興味深い研究の知見の背景にある人間の学習過程や、「こころ」という現象に対する深遠な洞察能力を養うことを目的とした授業を展開する。「こころ」という現象が「学習」によって成熟していくことについて、神経科学および学習心理学的知見から学んでいく。さらに、「学習」という能力を外傷性に失った実際の事例を学ぶことから、学習という機能を逆説的に理解していく。

中村真理 教授

一口に障害者(児)といっても、その実態は非常に多様である。そこで本講では、まず各障害についての基礎的な事項について講義を行う。次に障害別に障害固有の問題に関する理解をはかり、さらに障害者(児)に接する時の留意点について事例を通して検討する。それによって障害者(児)の心理アセスメントや個別の指導計画の作成、及び実際の支援を行えるようにしたい。

小粥展生 非常勤講師

安心・安全な社会を構築するための重要な方策として、犯罪者(非行少年)の再犯防止が挙げられる。この再犯防止を推進するには、犯罪者(非行少年)の心理特性を理解した上で、的確な処遇を展開していくことが必要である。本講義では、犯罪者(非行少年)の心理特性について概観するとともに、矯正施設(刑務所、少年院等)における処遇の取組みを紹介し、犯罪・非行臨床の現場における心理学の有用性について論じる。

下村英雄 非常勤講師

産業カウンセリング、キャリア・カウンセリング、キャリア・コンサルティングの理論と実際について取り上げる。おもに討議、ワーク、演習などを中心に対話型・参加型の授業を行う。

下村英雄 非常勤講師

今日わが国の教育、雇用、産業などの各界において行われているキャリアカウンセリング、キャリアガイダンス、キャリア教育に関する諸問題について講述する。今現在、行われている現実のキャリア支援・キャリア教育をキャリアカウンセリングおよびキャリアガイダンス論の視点から検討する。また、産業界におけるカウンセリングの実際の姿について、討議、ワーク、テストの実施を中心に、対話型・参加型の授業を行う。

田中速 教授

精神医療のみならず緩和ケアや小児医療など様々な医療の領域で心理療法家の協力が求められている。しかし臨床医学は臨床心理学とは異なる方法論を持つ学問であるので、精神疾患の概念や分類を理解していなければ、互いの協力に齟齬が生じることにもなりかねない。また、学校等での心理臨床の場面においても、医学的治療が必要な事例に遭遇することはあり得る。DSM5やICD-10の国際的診断基準に基づく疾患分類を基本とするが、ドイツ語圏の記述精神病理学に由来する伝統的疾患分類も理解できるように説明する。

田中速 教授

近年の脳神経科学や分子生物学の進歩により、精神疾患はすべての生物学モデルで説明されると期待されることもあるが、説明概念としての心身相関の意義はまだまだ無視できない。心身医学特論の講義では、自律神経系と情動との関係や、ストレスに関する学説、また心理的困子によって身体症状が形成される疾患である「心身症」など、いわゆる「神経症」圏の精神疾患を扱う。

西村昭徳 准教授

学校心理学に関する論文を数多く読み、方法論的な視点および臨床的意義という視点から研究を検討する。具体的には、「心理学における多様な研究方法について学ぶ」、「学校心理学における研究に関する理解を深める」、という2つの目的に対応する講義と履修者による課題の発表を中心に進めていく。

田村節子 教授

学校心理学に基づく心理教育的援助サービスの実践的研究に焦点を当てて検討する。
具体的には、①学校心理学を基盤とした実践研究に関する文献を検討し、アセスメント、技法、プロセス等について検討し、②実践研究の研究方法等について学ぶ。講義と履修者による課題の発表を行う。

吉田富二雄 教授

この演習では、受講生の興味のあるテーマについて、日本及び欧米の論文を調べ、文献リストを作成し、研究の動向を把握する。文献リスト中の重要な論文については、授業時間内に各自が発表し、その研究の良い点や改善すべき点を議論したい。

井上忠典 教授

国内外の文献講読を行う。参加者が自身の興味関心のあるテーマに関する文献を要約して発表し、それについて全員で議論する。その論文について、研究テーマの中での位置づけ、問題点や課題、発展性などについて考察することにより、研究論文作成に向けての基本的な姿勢を養う。

根津克己 准教授

臨床心理学におけるリサーチの技能を高め、修士論文の執筆につなげることを目的とする。前年度に立てた研究計画の検討から始まり、さらなる文献研究や、研究方法の検討を行い、修士論文の作成準備と途中経過の検討を行う。その他受講生の希望により、修士論文以外のテーマについても柔軟に対応する。

石村郁夫 准教授

本演習は、発達臨床心理学のテーマで修士論文を執筆しようとする人のための授業であり、人の生涯発達を通して直面する課題に対してどのように克服していくかを発達臨床心理学的に研究することを目的とする。

泉水紀彦 助教

本演習では、人格心理学、臨床心理学および関連領域における調査研究を実施し、成果発表を行う。前半では、先行研究の知見を収集、概観し、研究計画を立案する。後半では、グループごとに調査研究を実施する。学外機関への調査実施(データ収集)を行う。授業の最後では、各グループの研究成果をプレゼンテーションしてもらう。

中村真理 教授

障害者(児)に関するさまざまな事例研究を参考にしながら、またセンターのケースに実際に関わりながら、前期では障害児の発達相談・就学相談、障害児の発達を促す指導法について、後期では障害者(児)の心理的な問題に対する援助、障害者(児)を抱える家族のサポートについて、discussionを行いながら、その方法論をより明確なものにしていく。

田中速 教授

精神障害に関する事例研究や臨床研究の文献を講読しディスカッションする。精神障害者の治療・支援に関する知識や態度を修得する。

阿部宏徳 准教授

文献講読と討論、事例検討などを行う。前半は講義形式を中心に、後半は演習参加者の要望と最近の臨床事情を考慮し、テーマを選択する。

新井邦二郎 教授

研究テーマの設定、研究デザインの作成、文献研究の仕方、調査などの実施の仕方、研究論文の書き方などについて学習する。

田村教授、井上教授、根津准教授、西村准教授、阿部准教授、石村准教授、泉水助教

スーパービジョンの実施方法、時間等は担当教員によって異なるので、オリエンテーション時に担当教員に確認すること。

博士後期課程開講科目

新井邦二郎 教授

誕生(受精)してからその命を閉じるまでの人間の発達が健全に進む条件は何か、その反対に発達がつまづきを示したりゆがんだりして不健全な形になるときの条件は何かを研究する。また、不健全な発達に苦痛を感じている人への適切な援助の仕方についても研究を深める。

井上忠典 教授

誕生(受精)してからその命を閉じるまでの人間の発達が健全に進む条件は何か、その反対に発達がつまづきを示したりゆがんだりして不健全な形になるときの条件は何かを研究する。また、不健全な発達に苦痛を感じている人への適切な援助の仕方についても研究を深める。

阿部宏徳 准教授

青年期の発達課題、自己概念や自我同一性、親子や友人などの対人関係といった青年期に特徴的に見られる観点からの研究を概観し、それらの研究分野についてのレビューを行い、その研究法についての理解を深める。

石村郁夫 准教授

本演習は、発達臨床心理学のテーマで博士論文を執筆しようとする人のための授業であり、人の生涯発達を通して直面する課題についてどのように克服していくかを発達臨床心理学的に研究することを目的とする。

中村真理 教授

発達障害や身体障害のある子どもの心理臨床についての専門的知識を深める。また、障害のない子どもの心理臨床についても併せて検討し、両者の共通性と特殊性に関して考察していく。その際、実際の事例についても検討を加え、実践的な技量を高めていく。

田中速 教授

精神障害者の心理臨床について研究する。また、障害を持たない者の心理臨床についても併せて研究し、両者の共通性と特殊性に関して考察していく。その際、実際の事例についても検討を加え、実践的な技量を持てるよう指導する。

吉田富二雄 教授

学校心理学が研究対象とする、入学時の適応や学習スキルなど全ての子どもを対象とする一次的援助、登校しぶり、意欲低下など一部の子どもを対象とする二次的援助、さらに学級崩壊などの集団および教師の問題などを研究対象とする。

田村節子 教授

学校心理学の基盤である心理教育的援助サービスについて専門的知識を深め、技法を高める。
子どもの学校生活の質が向上することを目的とし、子どもの学習面、心理・社会面、進路面、健康面に対する保護者や教師、カウンセラーらの包括的な援助を検討し、専門的能力と技能を高める。

西村昭徳 准教授

学校臨床心理学では、学校全体を一つのケースとして捉えていくことが重視されている。学校が抱える問題とその支援方法(アセスメントを含む)について研究の動向を整理し、学校臨床の専門家に求められる知識、技能を高める。

田村節子 教授

人々は社会的な環境の中で対人関係をもちながら生活している。社会生活を営む過程の中で人々は様々な困難に出会い、時に心理的援助を求める。これらの人々を対象に行われる臨床心理学を基盤とするアセスメントや介入について検討し、専門的知識と技能を高める。さらに、臨床心理学の理論、および臨床心理学に基づく研究や研究法についても検討する。

阿部宏徳 准教授

知能検査や性格検査などの心理アセスメントの研究を概観し、それらの研究分野についてのレビューを行い、その研究法についての理解を深める。

井上忠典 教授

精神分析、行動療法、クライエント中心療法などの代表的な心理療法を概観し、それぞれの成り立ちや特徴について理解を深めて、それぞれの立場からの面接事例を取り上げて、実践的な視点から事例検討を行う。また、面接過程、クライエントとセラピストの関係性、あるいは面接構造といったさまざまな心理療法に共通する要素について、文献や事例を題材にして掘り下げて検討する。

田中速 教授

精神医学のうち、特に触法精神障害者への精神医療や導入プロセスに焦点をあてて研究する。
Evidence-based Medicineの概念を理解し、適切なエビデンスレベルの研究デザインを設定できることを目指す。「臨床研究に関する倫理指針」(厚生労働省)を理解し、これに従った観察研究、介入研究を実施する。

新井邦二郎 教授

発達臨床心理学に関する国内外の論文を講読し、受講生の専門的知識を深化させ、この分野における研究能力を高める。あわせて博士論文のテーマや研究デザインについても検討していく。

井上忠典 教授

青年期の発達や心理臨床に関する国内外の論文を講読し、受講者の専門性を高め、研究法を習得させる。

阿部宏徳 准教授

青年期の発達や心理臨床に関する国内外の論文を講読し、受講者の専門性を高め、研究法を習得させる。

石村郁夫 准教授

本演習は、発達臨床心理学分野における研究テーマに関する国内外の学術誌を講読し、
この領域における専門的知識を深める。また、問題の探索、仮説の設定、調査材料の選定など研究計画を立案し、研究の基礎的能力を高めることを目的とする。

新井邦二郎 教授

演習Ⅰの成果を基にして、博士論文のテーマに沿って論文の全体の構想を作成する。あわせて、研究デザインを具体化して調査や実験を実施し、それを研究論文として仕上げていく。

井上忠典 教授

具体的な研究計画を作成し、調査や実験を実施して、データを収集し分析して、一つ一つの論文を作成する。

阿部宏徳 准教授

具体的な研究計画を作成し、調査や実験を実施して、データを収集し分析して、一つ一つの論文を作成する。

石村郁夫 准教授

本演習は、研究計画の立案を踏まえて、論文の構成を検討する。また、面接法、調査法、実験法などの方法論を用いて、データを収集・分析し、研究論文として執筆することを目的とする。

新井邦二郎 教授

演習Ⅰ、Ⅱの成果としての研究について、発達臨床心理学における博士論文として必要なオリジナリティや研究サイズ、研究間の整合性等を検討し、博士論文を完成させる。

井上忠典 教授

研究テーマに沿ったいくつかの研究をとりまとめて、論文全体の整合性を高めて、博士論文を完成させる。

阿部宏徳 准教授

研究テーマに沿ったいくつかの研究をとりまとめて、論文全体の整合性を高めて、博士論文を完成させる。

石村郁夫 准教授

本演習は、研究のオリジナリティ、当該分野への新しい知見などの観点から、研究全体の構成や整合性、研究サイズを検討し、当該分野へのインパクトを与える博士論文として完成させることを目的とする。

中村真理 教授

発達障害や身体障害のある子どもの臨床を、実践的かつ理論的に研究することを目的としている履修者に対し、実践に基づく理論の構築を図り、博士論文のテーマを特定し、そのデザインを検討していく。

田中速 教授

発達障害や身体障害を有する子どもの臨床を、実践的かつ理論的に研究することを目的としている履修者に対し、実践に基づく理論の構築を図り、博士論文のテーマを特定し、論文完成に至るまでの研究全般を指導する。

中村真理 教授

演習Ⅰを踏まえ、臨床経験を積み重ねながら理論の精練を図り、博士論文のテーマに沿ってデータを収集し、博士論文の構想を練り上げていく。

田中速 教授

演習Ⅰを踏まえ、臨床経験を積み重ねながら理論の精練を図り、博士論文のテーマに沿ってデータを収集し、博士論文の構想を練り上げ論文完成に至るまでの研究全般を指導する。

中村真理 教授

演習Ⅰ、Ⅱを踏まえ、障害児の発達臨床分野において理論と実践を有機的に結びつけることによって、博士論文のレベルに達する実践研究を積み重ね、研究が実践的意味を持つようにする。それによって、博士論文に独自性と創造性を持たせることを期し、博士論文を完成させる。

田中速 教授

演習Ⅰ、Ⅱを踏まえ、障害児の発達臨床分野において理論と実践を有機的に結びつけることによって、博士論文のレベルに達する実践研究を積み重ね、研究が実践的意味を持つように指導する。それによって、博士論文に独自性と創造性を持たせることを期し、博士論文を完成させるように指導する。

吉田富二雄 教授

学校心理学に関する国内外の主要な文献のリストを作成し、講読することを通して、受講者の博士論文のテーマに焦点を合わせ、論文作成の手法を習得させるとともにその方向性を決定する。

田村節子 教授

学校心理学における心理教育的援助サービスに関する国内外の論文を検討し、受講生の問題意識をもとに博士論文のテーマと研究計画を明確する。

西村昭徳 准教授

学校臨床心理学に関連する国内外の研究動向を整理し、受講生の問題意識に基づき各自の研究計画を設計する。

吉田富二雄 教授

受講者の博士論文のテーマに合わせて、実験、調査、面接等によって収集されたデータを分析し検討を加え、何編かの論文を作成する。

田村節子 教授

受講生のテーマと研究計画をもとに、受講生自身が学校心理学を基盤とした実践を行いデータを収集する。ないしは、調査対象者への調査、半構造化面接等を行いデータを収集、分析、検討する。

西村昭徳 准教授

演習Ⅰで作成した研究計画をもとに、介入および調査を行い、必要なデータを収集する。さらに、収集したデータの分析・検討を行った上で、論文にまとめる。

吉田富二雄 教授

演習Ⅰ、Ⅱで得られた成果に基づき、博士論文完成のための指導を行う。

田村節子 教授

演習Ⅰ、Ⅱで得られた成果に基づき、学校心理学を基盤とした心理教育的援助サービスへの提言を目指し、博士論文完成のための指導を行う。

西村昭徳 准教授

演習Ⅱ、Ⅲの成果に基づいて、学校臨床心理学をテーマとする博士論文の完成に向けた指導を行う。

井上忠典 教授

学校では、児童生徒の問題(学業不振、不登校、LD等)や集団的問題(いじめ、暴力・非行)、学級経営や教師に関係する諸問題(学級崩壊、教師間関係等)などさまざまな課題がある。そのなかで、どのように保護者、教師とともに、児童生徒を支援していくか、学校での実践に必要な知識や技術がある。本実習で受講者は、学校で発生している諸問題についての事例を発表し、スーパービジョンを実施することにより、カウンセリング技術の向上を図る。

関連リンク

  • 大学院要覧(シラバス付)
  • 心理・教育相談センター
  • 資料請求ページ
  • 検定料支払い
  • 東京成徳大学公式フェイスブック

ページトップへ