メニュー

学びの特長(学びのポイント)

修士課程

カリキュラムについて

公認心理師・臨床心理士・学校心理士等の「心理支援の専門家」の養成をめざして、教育分野、保健医療分野、福祉、産業・労働、司法・犯罪に関する分野で幅広く学び、社会の様々な場面に対応できる教育課程を用意しています。開講科目は公認心理師養成に対応した上記5つの分野の科目の他に、心理的アセスメント、心理支援、家族関係・集団・社会地域における心理支援、心の健康教育に関する科目、また、臨床心理士養成に対応した科目も用意されています。心理実践実習等を心理・教育相談センター及び幅広い分野の実習先で行うのも特長です。なお、修士課程在学中に必要な科目を履修し単位を修得することで、修了後、公認心理師、臨床心理士、学校心理士の受験資格が得られます。ただし、本大学院修士課程において公認心理師受験資格を得るには、出身学部において心理学等の関連する科目の単位を修めて卒業していることが条件となります。

専門的知識と豊富な経験をもつ教員

「教育」、「保健医療」、「福祉」、「産業・労働」、「司法・犯罪」等さまざまな分野を専門とする教員が揃っており、各分野における専門的な知識と実践を学修・研究することができます。

充実した臨床指導体制

併設された心理・教育相談での学内実習と、医療領域(病院や精神科クリニック)、教育領域(学校や教育関連施設)などで心理実践の現場体験ができる学外実習を行います。現場に出て実際の経験を積むことにより、活きるカウンセリングや心理アセスメント、チーム支援を学び、心理支援の専門家としての実践力を高めます。また全員参加が必須の受理会議、事例会議や担当教員による指導(スーパービジョン)を含め指導を行っていきます。

充実した学修環境

今まで以上に大学院学生と大学生が協力しながら学修・研究する機会も増え、さまざまな経歴をもった大学院学生や博士後期課程の研究者が学んでいるため、お互いに刺激しあいながら相乗効果を生み出しています。また、院生研究室には一人ひとりに専用の学修デスクやロッカーを完備しているため、学修や研究に専念できる環境を整えています。

博士後期課程

本課程は、臨床心理学に関わる高度職業人およびカウンセラーの指導者を養成することと、臨床心理学分野について、より専門的・自立的・創造的に研究する高い能力をもった研究者の養成を目的にしています。発達臨床心理学分野と学校臨床心理学分野の2つから成り立っており、入学時にこの研究分野から分野選択をし、研究分野に関連した授業を履修をするとともに、指導教員の指導のもとに特定の研究テーマについて、研究を進めます。

関連リンク

  • シラバス
  • 心理・教育相談センター
  • 資料請求ページ
  • 検定料支払い
  • 東京成徳大学公式フェイスブック

ページトップへ