メニュー

学びの特長

学びのポイント

講義の様子

福祉マインドを身につけた
ヒューマンサービスの専門家を育成します

福祉心理学科の学びを通して、高齢者や子ども、障がいがある人々などに対する相談援助や支援に必要となる知識、技能、態度を身につけます。
その成果として国家資格である社会福祉士、精神保健福祉士の受験資格、高等学校教諭一種免許状〈福祉〉が取得できます。

学びの領域

導入教育科目、臨床心理学の基礎、臨床心理学の展開、社会調査士資格取得の科目(予定)
  1. 複数の資格取得を目指すことができます

    福祉心理学科では、目指す資格の数を制限していません。
    たとえば、「社会福祉士と精神保健福祉士の2 つの国家資格を目指す」「社会福祉士と教員免許状を目指す」など、将来の進路や希望に合わせて複数の資格取得を目指すことが可能です。
    このほかに、自主的に勉強して保育士資格を取得する学生もいます。
  2. 演習・実習授業の充実

    数多く用意された演習・実習の授業では、事例研究やロールプレイをはじめ、パソコンを用いたプレゼンテーションや、大学祭でのポスター発表を通じて、社会に出てからも役立つ文章力や発表力を養います。
    また、実習を選択すると、行政機関や医療機関、福祉施設などで実際に相談援助の実習を経験することができます。
  3. 支援に役立つ心理学的な知識や視点を修得します

    対人支援の現場で求められる心理学の学びを重視しています。他学科の心理学関連科目の履修や、卒業研究として本格的な心理学の研究に挑戦することも可能です。
    さらに学びを深めたい人は、臨床心理士第一種指定校である本学大学院への内部推薦制度もあります。

ページトップへ