メニュー

4年後の姿(資格、進路)

育てる人物像

人の心を理解し、適切な支援やカウンセリングができる力を育みます

社会福祉関連分野の専門性を身につけるなかで、とりわけ福祉現場で求められる心理学の学修に力を入れています。共感、受容、傾聴など対象者理解やカウンセリングに必要となる力を身につけ、社会福祉施設、医療機関、福祉関連企業などの現場で活躍できる人材の育成をめざしています。
また、高等学校( 福祉科)や特別支援学校で教職につくことをめざす人には、子どもたちや生徒により適切な指導や支援ができる力を育みます。

こんな力が身につきます

人々に寄り添うことのできる人間力が伸ばせます
相談援助や支援に必要となる専門性が身につきます

  • 痛みやつらさを抱えた人に共感できる力。
  • さまざまな人々とコミュニケーションをとる力。
  • 人々の関係を良好に調整する力。
  • 援助や支援を必要とする人々の相談を受け、支援することができる力。
  • 社会福祉や教育の現場で求められる専門職としての態度や力。
木﨑 理穂さん

木﨑 理穂さん [内定先]IMSグループ
応用心理学部 福祉心理学科4年
東京都 都立千早高等学校出身

修得できるスキル

進路に応じてスキルを活かす資格や免許の取得ができる

進路に応じてスキルを活かす資格や免許の取得ができる

専門職として実践に必要なスキル他、相談援助、子どもや障がいがある方への教育や指導の技術などが修得できます。また、社会福祉士や精神保健福祉士、教員採用試験の受験指導も授業はじめキャリアアップ特別講座などで合格に向けて丁寧に支援します。

専門スキル

  • 人の心や悩みに寄り添い理解しようと努める共感力
  • 相手の話を傾聴しながら相談に乗ることができるカウンセリング力
  • 心理や福祉の専門的な知識や技術にもとづいたコミュニケーション

専門スキルを活かした資格

  • 社会福祉士(受験資格)
  • 精神保健福祉士(受験資格)
  • 高等学校教諭一種免許状(福祉科)
  • 特別支援学校教諭一種免許状

社会人基礎力

福祉心理学科では、実践的な学びを通して、さまざまな人と関わる機会が多くあります。その中で、次のような「社会人基礎力」を身につけることができます。

傾聴力

  • 様々な立場の人の声を批判せずに丁寧に聞く

発信力

  • 相手の立場も踏まえて分かりやすく物事を伝える

働きかけ力

  • 周囲の人と協力しながら課題解決や目標達成に近づく

めざせる卒業後の進路

対人支援に関わる世界で幅広く活躍できる人材に

福祉施設や医療機関、行政機関など、福祉サービスに関わる幅広い分野で相談支援の専門職として活躍できます。教員免許を取得すれば、高校や特別支援学校などの教員になる道も開けます。
また、心理学や教育学などの学びを深めたい人は、大学院への進学もサポートします。

卒業後の主な進路

社会福祉法人(児童福祉、障害者福祉、高齢者福祉関連施設など)/福祉・心理・教育系の大学院進学/総合病院、精神科医療機関/福祉サービス関連企業/行政機関/その他一般企業/高等学校、特別支援学校

GRADUATE 01

和田 芙裕美さん

「小さくても1人の人間として接する」をモットーに

乳児院の心理対応職員として、子どもたちが生活する現場で一緒に遊んだり関わったりしながら、成長発達を見守っています。元々はどんな職種で働こうか具体的には決まっていませんでしたが、精神保健福祉士と社会福祉士の取得のため大学3年生の時に行った児童養護施設での実習がきっかけで、より一層資格取得に意欲が湧き、無事に両資格を取得できました。そんな経験を通して、当時の実習を振り返り「もっとできることがあったのではないか」と考えるようになり、現在の仕事を選びました。心理対応職員は対人職で、年齢的に言葉でのコミュニケーションが難しい子どもたちが相手なので、気持ちを伝えることがとても難しいです。それでも少しずつできることが増えていく子どもたちの小さな成長を身近で感じられることが嬉しくて、子どもたちの笑顔に囲まれながら毎日楽しく過ごしています。

社会福祉法人鳳雄会 乳児院エンジェルホーム 和田 芙裕美さん

高等学校卒業程度認定試験合格 応用心理学部 福祉心理学科 2014 年卒業

職場からの声

穏やかで優しいながらも客観的な視点を持てる人材です

当院で心理対応職員として働いている彼女はとても穏やかで優しく、子どもたちに真摯に向き合ってくれています。施設で暮らす子どもたちの心の発達の把握や、ケアを中心とする役割ですが、まだ1年目ですので日常生活支援からスタートしています。その中でも子どもの行動に対し、「なぜだろう」と疑問を持って観察する視点を持ち、客観的に観察・分析できることは彼女の大きな強みです。今後は、専門性の発揮と、それにより仕事の幅を自ら広げ、より子供たちの心に寄り添った支援ができるよう期待しています。

社会福祉法人鳳雄会 乳児院エンジェルホーム(11 年目) 柳原 美緒さん

GRADUATE 02

大森 早綾さん

より良いご提案をするためにお客様目線での営業に努めています

サービス付高齢者向け住宅にて、介護の仕事をしています。もともと高齢者虐待に関心があったので本学に入り、就職にあたっては初心に戻ろうという思いから介護の業界を選びました。大学では、社会福祉士の資格取得にあたり、高齢者に身近な疾病の種類やその特徴、高齢者を取りまく環境や社会資源について学びました。また心理学の講義を多く受講していた為、相談業務を行う上での基礎知識( 傾聴・共感など)が身についたように思います。
この職業に就き、人の人生の一番最期に関わることができること、こちらの働きかけ次第で、その人の人生で最期の夢を叶えてさしあげることに大きなやりがいを感じています。人の大切な人生に関わる重要な職務として、毎日心を新たにしながら業務にあたるよう心がけています。

株式会社やさしい手 センチュリーテラス新柏 大森 早綾さん

千葉県 県立成田国際高等学校出身 応用心理学部 福祉心理学科 2013 年卒業

職場からの声

リーダーとして会社を支える存在に

現場で仕事をしている中、忙しい時や辛い時でも、お客様に対しては常に笑顔で誠実に対応をしております。また、スタッフや登録ホームヘルパーに対しても気遣いの言葉や気持ちを持っているため、信頼されているスタッフのひとりです。特に優れていることはコミュニケーション能力です。
臨機応変に対応できる能力があり、お客様との信頼関係が結べていると思います。今後はリーダーとして、広い視野を持ち、会社に貢献する働きをして欲しいと願っています。

株式会社やさしい手 センチュリーテラス新柏(8 年目) 塩野目 久央さん

ページトップへ