メニュー

授業紹介

語学学修プログラム

英語の場合

“ベルリッツ”
との連携
ELSロゴ

ベルリッツは、1878年に米国で生まれ、創業140周年を迎えます。世界70以上の国や地域で語学力・ビジネスコミュニケーション力の向上に貢献しているグローバル企業です。人が言語を修得するメカニズムを徹底的に研究した世界共通の教授法により、学生の習熟度に合わせて確実な語学力の向上を図ります。

ベルリッツ・メソッド®
  • その言語で物事を考えられるように、授業中は習っている言語のみを使用
  • 毎回、学生のニーズに合わせて具体的な目標(ゴール)を設定
  • 言葉が自然に出てくるように、学生の話す時間を最大化
  • 授業中は「話す」「聴く」に集中
  • 文法、語彙は、会話の実践演習のなかで習得

フルセンテンス

単語ではなく正確な文で回答する

  • 言いたいことを正しく言えるようになる
  • 弱点が明確になり、効率的な練習ができる
  • 就活や面接にふさわしい英語力が身につく

訂正と反復練習

間違いを適切に直し、反復して練習する

  • 即答できる瞬発力が養える
  • 正しい文法、自然な表現が身につく

A++(Answer, Add, Ask)

質問に回答し、説明を加え、質問する流れを確立

  • 自然と会話を膨らませることができる
  • 説明に“理由”を加え、論理的な話し方に
  • 質問力も同時に磨く

レベルダウンテクニック

相手を自分の語学レベルに合わせる方法を習得

  • 落ち着いて対応できる
  • 自分のペースで会話が進められる
  • ミスコミュニケーションがなくなる

韓国語の場合

しっかり身につく韓国語の授業

主な授業

  • ハングルの世界
  • 時事韓国語
  • 観光韓国語
  • 韓国語会話
  • 韓国語プレゼンテーション
  • 韓国語通訳 など

韓国語修得のためには「聞く」・「話す」・「読む」・「書く」のスキルをバランスよく伸ばすことが重要ですが、まず「聞く」能力の修得が上達への鍵です。韓国語を「聞く」ことが難しい理由の多くは「発音に関する知識がない」ことにあります。本学では、文字学修の段階から、音声学を基に発音と文字を結びつけるという独自に開発した教授法と教材により、日本語母語話者の高いハードルとされる「聞く」・「話す」を効率よく伸ばす教育を行っています。語学教育のために開発された最新のCALLシステムやe-LearningなどのICTも活用しながら、「美しい発音・通じる韓国語」の修得をめざしています。

イ ユニ(李 允希)教授

イ ユニ(李 允希)教授

  • NHK ラジオ教育放送ハングル講座講師(2002年~2007年)
  • NHK 教育テレビ「テレビでハングル講座」講師(2008年度)
  • 主な著書 『韓国語マラソン』全6巻2001/『韓国語リスニングマスター』2003/『ユニ先生の易しい韓国語教室』(CAI 教材)2005/『NHK ラジオ
  • ハングル講座-よく使うことばで賢く学ぼう-』2007

こんな授業があります

留学前・留学後ゼミナール

異文化での留学で多くの学生がカルチャーショックを経験します。この授業では、これをプラスの経験と位置づけ留学前と留学後の自らの視点の変化を認識するとともに、他者の経験と比較・共有。それによって世界の中の日本社会と日本人を考察します。また、留学に伴う学修や生活の不安もサポートします。

ホームステイ英語

ホームステイする学生が、滞在初日からホストファミリーと遭遇するさまざまな場面で必要となる会話を取り上げ、実践的に学修します。ホームステイをする際の言葉のうえでの問題だけでなく、異文化間の認識の違いを知り、理解することで応用力を身につけます。

異文化コミュニケーション

異文化コミュニケーションを構成する要素である言語、コミュニケーション、文化の間の関係について学び理解を深めます。また、世界が多様化・多文化化していることの認識を深め、現代世界のさまざまな出来事から得られるグローバルな事例についても学修します。

留学韓国語

文字や発音、仕組みなど韓国語学修の基礎を修得したうえで、留学生活で必要なさまざまな表現や文化、価値観、マナーの違いなどの予備知識を身につけます。また、e-Learningによる課題提出やフィードバックにより、留学先で求められるICTスキルの活用能力を身につけます。

授業紹介

ベーシックスキル スタディ・スキル
ICTリテラシー1
文章表現演習
ICTリテラシー2
キャリアデザイン キャリアデザイン1
キャリアデザイン2
キャリアデザイン3
インターンシップ
教養 哲学
文学
言語学
近現代世界史
法学
政治学
経済学
社会学
ジェンダー論
地球環境問題
現代社会論
健康スポーツ
地理学
ゼミナール科目 留学前ゼミナール
留学後ゼミナール
専門ゼミナール1A
専門ゼミナール1B
プロジェクト演習
専門ゼミナール2A
専門ゼミナール2B
卒業論文
国際基礎科目 グローバルスタディーズ入門
異文化コミュニケーション
日本の歴史と文化
国際関係入門
比較文化入門
日本文化入門
語学科目 English Conversation 1
  English Conversation 2
  Advanced English Conversation 1
  Advanced English Conversation 2
  Writing 1
  Writing 2
  Reading 1
  Reading 2
  資格英語1
  資格英語2
  ビジネス英語1
  ビジネス英語2
  Vocabulary
  ホームステイ英語
  English Presentation 
  アカデミック英語
  観光英語
  Journal Reading
  韓国語会話1
  韓国語会話2
  韓国語作文1
  韓国語作文2
  韓国語講読1
  韓国語講読2
  上級韓国語会話1
  上級韓国語会話2
  資格韓国語1
  資格韓国語2
  ビジネス韓国語1
  ビジネス韓国語2
  留学韓国語
  ハングルの世界
  韓国語プレゼンテーション
  アカデミック韓国語
  観光韓国語
  時事韓国語
留学科目 ランゲージスキル1
ランゲージスキル2
ランゲージスキル3
ランゲージスキル4
リーディングスキル1
リーディングスキル2
リーディングスキル3
リーディングスキル4
ライティングスキル1
ライティングスキル2
ライティングスキル3
ライティングスキル4
スピーキングスキル1
スピーキングスキル2
スピーキングスキル3
スピーキングスキル4
人文科学分野研究
社会科学分野研究
国際教養分野研究
自然科学分野研究
国際関係・地域研究科目 欧米地域研究
東アジア地域研究
アメリカ情勢
ヨーロッパ情勢
アジア情勢
アフリカ情勢
国際問題研究
グローバリゼーション論
日韓関係論
アメリカ外交研究
国際協力・開発論
平和学
NGO論
国連研究
旅行業1
旅行業2
国際文化・国際教養科目 アメリカ社会文化論
韓国社会文化論
比較文化論
表象文化研究
アメリカ・カナダ文化研究
イギリス・アイルランド文化研究
オセアニア文化研究
東アジア文化研究
日韓比較文化論
英米文学研究
世界の宗教
日本史概論
日本語概論
日本文化研究
日本文学研究
日本美術研究
伝統芸能研究
伝統文化研究
日本語史
日本語文法
日本語音声学
日本語教育論1
日本語教育論2
日本語教授法1
日本語教授法2
日本語教育実習
国際コミュニケーション科目 ICTスキルA(情報発信)
ICTスキルB(画像処理)
ICTスキルC(情報発信上級)
ビジネスプレゼンテーション概論
言語生活と心理
World Englishes
英語通訳
英語通訳演習
韓国語通訳
韓国語通訳演習
English Discussion
English Business Presentation 
韓国語ディスカッション
韓国語ビジネスプレゼンテーション
中国語会話A
中国語会話B
中国語講読A
中国語講読B

ページトップへ