メニュー

お知らせ

2016/10/04

グループワークの成果から

キャリアデザインD(口頭表現法)では、後半にグループワークを実施しています。最後のグループワークでは、自分たちで考えたプランを、企画書形式でプレゼンテーションするという課題を課しています。前期に実施した2クラスのグループワークのテーマは、それぞれ「学食を変えよう!」と、「小中学生向けのスポーツイベントを企画しよう!」にしました。
「学食を変える」 というテーマは、3回目になりますが、今年は、アンケート回収箱の場所を変えて分かりやすくしてはどうか、自分好みの味にできるよう何種類かの調味料を用意してはどうか、など、メニュー以外の提案が登場しました。
今年初めてチャレンジした「小中学生向けのスポーツイベント企画」では、健康・スポーツ心理学科に所属する学生を中心に、千葉県内のプロ野球チームや、プロバスケットボールチームの選手やスタッフをゲストに招くプランや、子どもたちになじみの深いドッジボールのリーグ戦や、大学のさまざまな施設を使っていろいろなスポーツにチャレンジしてもらうプランなど、楽しい企画が提案されました。
いずれも、紙芝居形式でプレゼンテーション資料を作成しますが、 イラストが得意な学生、材料となる写真を集めてくる学生など、チーム内での分担を確認しながら進める中で、協力しながら進めるグループワークの面白さと大変さを経験していきます。知らない人と話すのが苦手だった学生さんも、自分の意見やアイディアを話す中で、自信がもてるようになったと感じるようです。
課題を発見し、チームで解決策を考えるグループワークスタイルの仕事は、実際の企業の中でも頻繁に行われているものです。キャリアデザインDの授業の中で経験したグループワーク力をさらにブラッシュアップして、就職活動に活かしてほしいものです。(共通領域部) 

ページトップへ