メニュー

教員紹介(こんな教授陣が待っています)

共通領域部を構成する多彩な教員をご紹介します。

教育研究業績(人文学部・応用心理学部)についてはこちらへ

岩瀬 弘和(いわせ ひろかず)

共通領域部主任 教授
http://www.h-iwase.jp

岩瀬 弘和(いわせ ひろかず)
出身大学等 神奈川大学、広島市立大学大学院
博士(情報工学)(広島市立大学)
出身地 神奈川県
担当科目 情報入門、情報演習
専門領域 人間工学、経営工学
研究内容 人間の動作・運動特性に関する研究
時系列データ解析に関する研究
主な著書・論文 「ポップフィールド型ニュートラルネットワークにおけるパラメータの影響」(東京成徳大学研究紀要,2017)
「時間枠制約付き配送計画問題に対するヒューリスティック解法」(東京成徳大学研究紀要,2016)
「最短ネットワーク問題に対するヒューリスティック解法」(東京成徳大学研究紀要,2015)
「納期の異なるフローショップ・スケジューリング問題への遺伝的局所探索法の適用」(東京成徳大学研究紀要,2014)
学生へのメッセージ  失敗を恐れず、たくさんの経験をして、充実した四年間を過ごしましょう。
大井 剛(おおい たけし)

教授

大井 剛(おおい たけし)
出身大学等 東京大学、東京大学大学院
文学修士
出身地 東京都
担当科目 日韓交流史、地域文化研究(韓国)、日本情勢(政治)、日本事情(政治・経済・文化)、新聞を読む(政治)、新聞を読む(社会)、キャリアデザイン(口頭表現法)、文章表現演習、スタディスキル
専門領域 東アジアの歴史学・考古学
研究内容 東アジアの歴史と文化、漢字文化ネットワークの研究
時間意識と歴史記述との関係をさぐる研究
主な著書・論文 東洋文庫蔵旧ベルリン日本学会シーボルト文献複製の存在様態(『東洋文庫書報』41,2010)
Les noms d’eres (nengo): indices d’autonomie et de dependance,
“Identites, Marges, Mediations,” Paris: EFEO, 2001.
年号論(『アジアのなかの日本史』5[自意識と相互理解]東大出版会、1993)
出土遺物による朝鮮原始信仰の研究(『東方学』67, 1984)
外部団体 OAGドイツ東洋文化研究協会、東方学会、日本科学技術史学会、東北亜細亜考古学研究会、日中藝術研究会
資格 中学校・高等学校教員免許(社会科)
四季の愉しみ 夏の山登り、冬のスキー
学生へのメッセージ  つねに前向きに
力石 正弘(ちからいし まさひろ)

教授 就職部長

出身大学等 東洋大学
法学士
出身地 東京都
担当科目 キャリアデザインA、B、E、F、インターンシップ(以上 八千代)
キャリアデザインⅠ(以上 十条台)
専門領域 キャリア教育、キャリアカウンセリング、労働関連法
研究内容 業界研究、企業研究、個別労働紛争関係
主な著書・論文 大学生のためのキャリアデザイン(東京成徳大、白鴎大、実践女子大編)
就活生のためのキャリアデザイン実践(東京成徳大、白鴎大、実践女子大編)
キャリアブレイクした女性のキャリアマネジメント(日本女子大編)
外部団体 神奈川県社会保険労務士会
キャリアコンサルティング技能士会
日本キャリア開発協会会員
資格 社会保険労務士
国家検定キャリアコンサルティング技能士
CDA、AFP
趣味  陸上観戦
学生へのメッセージ  主体性を持って行動しよう
髙野 泰(たかの やすし)

准教授

髙野 泰(たかの やすし)
出身大学等 筑波大学、筑波大学大学院
修士(文学)
出身地 茨城県
担当科目 比較文化論、観光文化史、地域文化研究(アメリカ)、フィールドワーク(アメリカ対象)、20世紀アメリカ史、基礎演習、ディベート、観光デザイン演習
専門領域 アメリカ史(文化史、心性史、科学史)、アメリカ研究
研究内容 建国期アメリカの心性史
ベンジャミン・ラッシュとtemperance
主な著書・論文 『21世紀アメリカを知る67章』
(共著、監修 明石紀雄、明石書店、2002)
「共和主義の精神、共和国の身体―ベンジャミン・ラッシュの
「医学のアメリカン・システム」」
(『東京成徳大学紀要』第10号、2003年)
「『サイバースペース独立宣言』10周年+α――アメリカ起源のネット文化とその行方」
(『東京成徳大学紀要』第14号、2007年)
学生へのメッセージ  Don’t trust over thirty?
堤 孝晃(つつみ たかあき)

准教授

堤 孝晃(つつみ たかあき)
出身大学等 筑波大学第二学群人間学類
東京大学大学院教育学研究科
修士(教育学)
担当科目 教育原理、教育制度論、教職論、教育と社会、社会学 など
専門領域 教育社会学、社会学、教育学
研究内容 ・「能力」概念の社会的意味を通してみる教育システムの機能分析
・社会科学系学問分野に関する計量社会学的研究
主な著書・論文 ・「能力-不完全な学歴社会に見る個人と社会」『現代社会論』有斐閣,pp.25-52.
・「『能力観』の区別から普遍性を問い直す-教師の『学力観』を参照点として」『労働再審①転換期の労働と<能力>』大月書店,pp.238-54.
・「教育と生存権の境界問題」『教育と社会との関係の理論的研究』世織書房,pp.208-226(山口毅氏と共著).など
学生へのメッセージ  学問を通して、わからなかったことがわかるようになる喜びだけでなく、わかっていたはずのことがわからなくなる楽しさも経験してください。

ページトップへ