メニュー

在学生・卒業生メッセージ

在学生・卒業生からのメッセージをご紹介します。

1.在学生からのメッセージ

野澤 千夏さん

子ども学科4年(2012年度)
野澤 千夏さん
埼玉県立伊奈学園総合高等学校出身

学びの先に見つけた子ども服の販売の仕事

保育士か幼稚園の先生をめざして進学しましたが、掘り下げて勉強を進めるうちに、この学科で学んだことを生かす道が他にもあるのではないかと思うようになりました。子ども服の販売のアルバイトをした時に、お子さんやお母さんとたくさんのお話をさせていただいているうちに、これだ!と決めました。就職先は、ミリカンパニーという日本ではじめてオーガニックコットンを導入した子どものアパレルです。子どもの文化や環境を考えるゼミの専攻などの刺激もあり、自分の可能性をいろいろと模索できることが4年制のよさのひとつだと思います。学びの証として、幼稚園と保育士の資格も取得して卒業します。資格はいつか必ず役立つ時が来ると思います。

金子 恵子さん

子ども学科4年(2012年度)
金子 恵子さん
東京都立若葉総合高等学校出身

教育方針に共感して決めた
森のようちえんの先生

保育園実習や小学校実習など、将来に向けてさまざまな経験をさせていただきながら、私は横浜市にある「森のようちえん」の先生になることに決めました。所属しているサークルの関係でお手伝いをしたことがきっかけですが、とてもユニークな保育をしている園なのです。名前の通り、子どもたちに自然体験をさせることに重点を置いた教育方針で、たとえば「危ないよ」という代わりに、「そこは足を踏み外さないようにね」と注意します。幼児の頃からゲーム機で遊んでばかりいるいまの時代に、とても素晴らしいことだと思います。
子どもに限界を決めないで、やりたいことをやらせてあげる環境で、私自身のスキルも伸ばしていきたいです。

小髙 翔子さん

子ども学科4年(2012年度)
小髙 翔子さん
東京都私立嘉悦女子高等学校(現かえつ有明)出身

幼小連携の時代に保育の現場のリーダーに

保育士、幼稚園に加えて、小学校教諭の資格を取得しました。子どもは幼稚園や保育園だけで育つものではなく、小学校、中学校と成長が続いていくものだから、より幅広い知識や技術、教養が必要になると考えたからです。就職先は、幼・保・小が同じ敷地内にある公立の保育園です。
保育園は子どもをお預かりする時に保護者の方とのコミュニケーションも大切です。実習ではそうした対話についても学びますし、これからはその応用力が問われます。保育士も親御さんも地域も一緒になって子どもたちを育てていける、そんな環境づくりに貢献したいと考えています。絵本の読み聞かせも得意なので楽しいクラス作りに生かしていきたいです。

2.卒業生からのメッセージ

 

Coming Soon

ページトップへ