メニュー

4年後の姿(資格、進路)

育てる人物像

保育・教育や子どもビジネスのリーダーとしての力を育てる

子ども学部は、子どもと子どもを取り巻く環境などについての問題を掘り下げ、さまざまな分野で活躍できるエキスパートを育てる学部です。
広い視野を持ち、現代の子ども問題に取り組む力を身につけるとともに、国際的分野からも子ども問題を把握できる新しいエキスパートをめざします。

こんな力が身につきます

子ども問題に幅広く対応できる専門家をめざす

  • 子どもの立場に立って幼児教育・児童教育について理解し、実践する力。
  • さまざまな子育ての環境に対応し、支援する力。
  • 子ども対象のビジネスのための豊かな発想とアプローチを提供する力。
  • 子ども問題を幅広い視野から把握・解決しようとする力。
白瀬 瑞季さん

白瀬 瑞季さん [内定先]東京都 公立小学校教諭
子ども学部子ども学科4年
東京都 私立東京成徳大学高等学校出身

修得できるスキル

将来の希望に応じたさまざまな資格や免許の取得が可能

将来の希望に応じたさまざまな資格や免許の取得が可能

子どもに関する理論的・実践的な科目を学びながら、さまざまな資格や免許を卒業と同時に取得することができます。また、就職試験に向けた対策講座の開講や、一人ひとりの将来の希望に応じた就職支援を行っています。

専門スキル

4年間で、保育・教育や子育て支援の分野で活躍するための専門的な知識や実践的な技術を学びます。将来は、現代の子どもたちを取り巻く多様な問題に対応できるような「子ども問題の専門家」として、さまざまな職種で子どもの成長や学びをサポートできる力を身につけることをめざします。

専門スキルを活かした資格

卒業と同時に取得可能

  • 保育士資格(国家資格)
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 児童福祉司(任用資格)
  • 小学校教諭一種免許状※
    ※3年次編入生の資格取得については、十条台キャンパス入学課までお問い合わせください。

在学中に取得可能

  • キャンプ・インストラクター 〔(社)日本キャンプ協会〕
  • 障害者スポーツ指導員(初級)〔(財)日本障害者スポーツ協会〕

社会人基礎力

子ども学部では、実践的な学びを通して、さまざまな人と関わる機会が多くあります。その中で、次のような「社会人基礎力」を身につけることができます。

コミュニケーションスキル

他人の声に耳を傾け、理解しようとする力や、自分の考えを相手に伝える力。

論理的思考力

状況を適切に判断し、自分の考えをわかりやすくまとめる力。

行動力

自ら進んで考えたり行動しようとする力。

めざせる卒業後の進路

保育や教育に精通した子どもの問題のエキスパートに

子どもと関わるリーダーをめざし、将来は保育所・幼稚園や小学校、子どもと関わる企業などで活躍することや、大学院進学や留学をしながら研究を進める道も待っています。「子どもが好き」という思いを大切にしながら、4年間じっくりと将来を考えていきましょう。

卒業後の主な進路

保育

保育所/児童福祉施設/
児童相談所/
子育て支援センター など

教職

幼稚園教諭/
小学校教諭 など

教職

子どもを対象とした出版/
玩具/
服飾メーカー など

進学

大学院進学/
海外留学 など

GRADUATE 01

高波 加代子

子どもたちが向けてくれる笑顔は私のパワーの源です

小学生の頃から妹がいるせいか小さい子の世話が好きで、一緒に遊んだり、何かを手伝った時に笑顔で「ありがとう」と言ってもらえたことがとても嬉しかったのがきっかけで、保育士または子どもに関わる仕事に就きたいと思っていました。
大学時代には、子どもに関する知識を学べたのはもちろんですが、特にパネルシアターや手遊びは子どもたちと一緒に楽しむためには欠かせない技術でした。また、子育て支援を担当していますので、地域の子どもたちとギターを使った触れ合い遊びを楽しんでいます。
私が声掛けをしたら泣き止んでくれたりすると少しでも子どもの心の寄りどころになれたのかな、と嬉しく感じます。子どもたちの笑顔は私のパワーの源です。
すべてが子どもたちのために行っていることなので、保育士として乗り越えていかなくてはいけないと思って日々頑張っています。

私立保育園 保育士 高波 加代子さん

東京都 私立東京成徳大学高等学校出身 子ども学部 子ども学科 2012年卒業

職場からの声

さまざまな対応を求められるコミュニケーションを安心して任せられます

彼女はどうしたら子どもたちが楽しく過ごせるか、安心して過ごせるか、といつでも子どものことを考えている、明るくて子どもが大好きな頑張り屋さんです。
4年制大学を卒業している保育士として、コミュニケーションの取り方や相手の思いをくみとりながらの保育や、保護者対応や地域との交流をを安心して任せることができます。地域への子育て支援にも積極的に取り組んでいますので、今後もより高いレベルでのコミュニケーションや、保護者や地域の方々との対応などを学び、その力を発揮してほしいです。

同保育園 園長(17年目) 正木 夕子さん

ページトップへ